歌謡曲が好き!

今年おすすめの「フィロソフィーのダンス」をご紹介

2018/01/15
もう新年が明けて半月も経っておりますが、本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

さて、ここ数年このサイトではたまに「アイドル」をご紹介しております。夫婦でイチオシにしています新潟のNegiccoさんや、メンバー離脱など苦境にあってなんとか頑張ってほしいと思っている京都のミライスカートさん、そして今週夫婦で札幌のライブに参戦を予定している「地下セクシーアイドル」を自称するベッド・インさんなどなど、気になるアイドルは多々いるわけですが、私個人が特に気に入っていて、今年是非とも皆様に聞いて頂きたいアイドルグループが本日紹介する「フィロソフィーのダンス」さんでございます。

●フィロソフィーのダンスとは
2015年に結成し、メンバーは
奥津マリリ
佐藤まりあ
日向ハル
十束おとは
の4人。全国流通盤としては2016年11月23日に1stアルバム「FUNKY BUT CHIC」と。2017年11月22日2stアルバム「THE FOUNDER」をリリースしています。オリコン的にはTHE FOUNDERが38位に入っています。
プロデューサーは加茂啓太郎さん。お名前で検索するとわかりますが、現在のJ-POP的なグループには欠かせない活躍をされたプロデューサーさんです。


●フィロソフィーのダンスとの出会い
youtubeでいろんな動画を見ていますと、右側に関連動画が出てきます。この中でたまたま表示されたのがフィロソフィーのダンスの「アイム・アフター・タイム」のMVでございます。
多分2017年の2月頃。サムネイルが水着の4人が写っていますので、アイドルソング的なものを想像していました、しかしながらグループ名がフィロソフィ(哲学)ですからね。哲学と水着くらい釣り合わない言葉もないでしょう。
再生してみますと・・・

アイムアフタータイム
フィロソフィーのダンス
2016/08/24

なんじゃこりゃ!めちゃくちゃ格好良いではないか。

さて、「アイム・アフター・タイム」を聞き終わった私は、もう一度最初から再生してグループを調べまくって、その日のうちにiTunesでアルバムをダウンロードしていました。「ファンクを歌うアイドル」は過去にもいくつか存在していましたが、これほどしっかりした「歌って踊る」グループはいなかったんです。

ただ、最初の印象は曲は格好良いが、4人のボーカルのバランスはどうなんだ?そして、正直ルックスも含めて「アイドル」じゃないよね。というもの。ボーカルを「アイム・アフター・タイム」は奥津マリリさんと日向ハルさんだけでほぼ歌われるのですが、アルバム曲では特に十束おとはさんの「アニメ声?」不思議な感じでございました。

それがですよ、「FUNKY BUT CHIC」をクルマで何度か聞いているとそれすら妙な心地よさになるわけです。このグループただ者じゃないぞと。

さて、名前と曲だけの印象だったフィロソフィーのダンスさんを映像的に見る機会ができました。2017年東京アイドルフェスティバル(TIF)の映像です。当然現地に行ってるわけではありませんのでテレビでの放映。少ない時間ですが、もう「笑っちゃう」(失礼)くらいよかった。

この4人のあまりの個性の際だった様が印象深くて、この頃から再度動画を漁り出したりしています。

●フィロソフィーのダンスの魅力
なんといっても楽曲です。もちろん本人たちも素晴らしいんだけど、とかく楽曲が私には本当にぐっと捕まえられた。「アイム・アフター・タイム」が最初っていうのもあるんだけど、この曲から「アイドル」は想像できないよね。
そして、彼女たちが楽曲を愛してるのも感じられて、なおかつ楽しそうに踊りながら歌っている、その様は「アイドルそのもの」なんですよ。
ああ、求めてたのはこういうのかもしれない。私個人はそう思いました。

そして、4人の個性がとても際立っていること。曲だけ聴いていても、奥津マリリさんの癖になるような優しく、それでいて艶やか、形容するのが難しいあまり類を見ない声と日向ハルさんの誰が聞いても力強く、そしてどんな曲でも「自分の世界」にしてしまう声、この2人にザ・アイドルな佐藤まりあさんの80年代アイドルにいたような感じの好感を感じる声、そして、十束おとはさんの電波的なのに嫌みが無く、きっとこの声が抜けると「淋しくなる」声。この4人じゃなきゃとてもこの楽曲に負けてしまう感じがあります。

彼女たちは年齢こそちゃんと公表していませんが、少なくとも10代なんてことはないはずで、Twitter見てても「酒」の話でてきますしね。こういう大人な感じもいい。極端言うと私はアイドルに処女性はまったく求めていないわけで、ぶりぶりのアイドルって意味ではどうかと思うけど、私はルックスも好きですよ。

●アルバムは特にいい
2017年11月に発売されたTHE FOUNDERはもう2017年も押し迫った発売ではありますが、個人的には2017年最も素晴らしいと感じたアルバムでした。アイドル楽曲大賞2017のアルバム部門で1位だったようですが、順位云々なく万人にお勧めしたいアルバムです。
最初の「ダンス・ファウンダー」からぐっと引き込まれ、

ダンス・ファウンダー
フィロソフィーのダンス
2017/11/15

「はじめまして未来」で、ちゃんとアイドルな一面を見せ、

はじめまして未来(アルバム・ミックス)
フィロソフィーのダンス
2017/11/22

「ベスト・フォー」に、この感じで行くんだという強い意思を感じ、

ベスト・フォー
フィロソフィーのダンス
2017/10/11

「ジャスト・メモリーズ」で、身震いする。

ジャスト・メモリーズ(アルバム・ミックス)
フィロソフィーのダンス
2017/11/22

そんなアルバムでございます。

●ライブ是非行きたい
公式の動画ではありませんが、今年1月3日に行われたNPP2018での40分ノンストップで歌い踊る動画。もう毎日のように見てる。この映像はカメラワークもよいので、是非DVD的な形で出してほしいなというくらい。

彼女たちのライブパフォーマンスはぐんぐん上がっているのが過去の動画を見ていてもわかりますし、今時点で最高のパフォーマンスでのステージだと思います。本当に期待できるし、是非間近で見てみたいと思います。(どうしてもまだ遠方のステージに立つのは難しいと思うので、北海道に来るのを楽しみにしています)

●今年期待!そして、もしかしたら「正統派」なのでは?
フィロソフィーのダンスという名前からは若干の「色物臭」があると思います。最近好きなアーティストは?と聞かれて言うと、何それ?って言われそうなね。
でも、彼女たち、そしてプロデューサーさんも楽曲制作陣も正統派です。もしかするとアイドル界どころか日本音楽界に名を残すような存在になっても不思議の無いグループでは?と思っています。
是非チェックしてみてくださいませ。

カテゴリ: フィロソフィーのダンス 2000年代歌謡曲



禁止事項

当サイト内容、画像等の無断転載は禁止します

記事カテゴリ

歌謡曲が好き 70年代歌謡曲 80年代歌謡曲 90年代歌謡曲 2000年代歌謡曲 歌謡曲バー 歌謡曲が好き サイトアクセス傾向 Spotify PIZZICATO FIVE ザ・ベストテン 読まなくていい内容 スパイダーマン 柏原芳恵 野猿 松田聖子 フィロソフィーのダンス 小泉今日子 BONNIE PINK SOULd OUT 日本レコード大賞 敏いとうとハッピー&ブルー ベストテンほっかいどう おニャン子クラブ 歌謡曲バー 中森明菜 婦人倶楽部 マツコの知らない世界 松本典子 志村けん AI美空ひばり ラジオが好き 年忘れにっぽんの歌 デンセンマン 当サイトイベント 松原みき 田原俊彦 80年代歌謡曲 70年代歌謡曲 CDTV chelmico イモ欽トリオ サイト更新情報 WHY@DOLL 森下恵理 刀根麻理子 C-C-B 松山千春 青田浩子 中島みゆき 長渕剛 河合奈保子 近藤真彦 竹内まりや 吉川晃司 浅香唯 CHA-CHA 道上洋三 CoCo オレたち昔・アイドル族 菊池桃子 GWINKO チョー・ヨンピル 小林明子 JA-JA 伊藤麻衣子 ハウンド・ドッグ 伊武雅刀 工藤静香 高田みづえ 石川さゆり・琴風豪規 明石家さんま RCサクセション 伊藤美紀 うしろ髪ひかれ隊 小原靖子 石原裕次郎 NAO & NOBU 池田聡 よせなべトリオ 石田ひかり 川島みき エレファントカシマシ 新田恵利 おぼっちゃまwithたけし軍団 ZIGGY ビー・バップ・少年少女合唱団 中村繁之 江戸真樹 ゆうゆ 谷村有美 姫乃樹リカ 爆風スランプ 堀ちえみ 勇直子 芸能山城組 渡辺満里奈 小川範子 高橋良明 黒崎輝・真田広之・高木淳也 石川秀美 チェッカーズ 中山美穂 藤谷美紀 北岡夢子 河合その子

最近の記事


2021/09/10
・金・銀・パール(銅)な曲

オリンピック・パラリンピック東京大会も終わってしまいましたね。 個人的には何か競技をテレビでやって…


2021/09/01
・2021年8月の当サイトアクセス傾向

近しい人を亡くしまして、今月は後半ほとんど活動できていないという状態です。 まぁ、当サイトに関しては…


2021/08/06
・電話な時代じゃないけれど「テレフォン」な楽曲

先日親戚の家のインターネットが繋がらないとかで、直しに行って参りました。 15年以上前に光回線を導…