歌謡曲が好き!

「ANAK(息子)」杉田二郎

2015/09/02
杉田二郎さんといえば「ジローズ」のイメージ戦争を知らない子供たちですね。ソロ活動は70年代初めから行っていたのですがヒットしたのはこの曲だけのようです。
ANAK(息子)はフィリピンのフレディー・アギラー氏の作詞作曲で、日本語詞はなかにし礼さんですがほぼ原曲の直訳といわれています。同時期にフレディー・アギラー版、加藤登紀子版も発売されています。加藤登紀子さんの版は訳詞も加藤登紀子さんですので、若干ニュアンスが違いますね。このあたり聞き比べるのも面白いです。
70年代の終わり頃からの数年間、とかく学校が荒れた時代で中学校の卒業式に制服警官がいるような異常事態。とはいえ、今の若干ぬるい中学生とか見てるとあの頃の子供って「オトナ」になりたかったんだよね。
親の言うことをやたら聞く子供って、それはそれで気持ち悪い気もする。

「ANAK(息子)」杉田二郎
発売日:1978年9月1日
オリコン最高位:10位
ザ・ベストテン最高位:17位
売上枚数:24.3万枚
レーベル:東芝EMI
レコード番号:ETP-10497

A面:ANAK(息子)
作詞:FREDDIE AGUILAR・なかにし礼
作曲:FREDDIE AGUILAR
編曲:石川鷹彦
歌唱:杉田二郎

B面:ANAK(息子)オリジナル・カラオケ
作詞:
作曲:FREDDIE AGUILAR
編曲:石川鷹彦
歌唱:杉田二郎

オリコン年間チャート
1978年 86位

オリコン週間チャート
1978/10/02 30位
1978/10/09 26位
1978/10/16 25位
1978/10/23 18位
1978/10/30 13位
1978/11/06 11位
1978/11/13 12位
1978/11/20 10位
1978/11/27 10位
1978/12/04 12位
1978/12/11 15位
1978/12/18 19位
1978/12/25 24位
1979/01/08 24位

ザ・ベストテン週間チャート
1978/11/09 18位
1978/11/16 17位
1978/11/23 19位
1978/11/30 18位
1978/12/07 18位


Anak*息子
杉田二郎
2004/04/01

カテゴリ: 70年代歌謡曲 杉田二郎 楽曲紹介

その他の楽曲を検索する:



禁止事項

当サイト内容、画像等の無断転載は禁止します

記事カテゴリ

歌謡曲が好き 70年代歌謡曲 80年代歌謡曲 90年代歌謡曲 2000年代歌謡曲 歌謡曲バー ザ・ベストテン サイトアクセス傾向 倉沢淳美 歌謡曲バー 中森明菜 シブがき隊 中村雅俊 歌謡曲が好き 80年代歌謡曲 教育テレビ 紅白歌合戦 ガールポップ クリスマス フィロソフィーのダンス ゆうゆ 田原俊彦 松本伊代 ラジオが好き タワーレコードミュージック ラ・ムー Spotify PIZZICATO FIVE 読まなくていい内容 スパイダーマン 柏原芳恵 野猿 松田聖子 小泉今日子 BONNIE PINK SOULd OUT 日本レコード大賞 敏いとうとハッピー&ブルー ベストテンほっかいどう おニャン子クラブ 婦人倶楽部 マツコの知らない世界 松本典子 志村けん AI美空ひばり 年忘れにっぽんの歌 デンセンマン 当サイトイベント 松原みき 70年代歌謡曲 CDTV chelmico イモ欽トリオ サイト更新情報 WHY@DOLL 森下恵理 刀根麻理子 C-C-B 松山千春 青田浩子 中島みゆき 長渕剛 河合奈保子 近藤真彦 竹内まりや 吉川晃司 浅香唯 CHA-CHA 道上洋三 CoCo オレたち昔・アイドル族 菊池桃子 GWINKO チョー・ヨンピル 小林明子 JA-JA 伊藤麻衣子 ハウンド・ドッグ 伊武雅刀 工藤静香 高田みづえ 石川さゆり・琴風豪規 明石家さんま RCサクセション 伊藤美紀 うしろ髪ひかれ隊 小原靖子 石原裕次郎 NAO & NOBU 池田聡 よせなべトリオ 石田ひかり 川島みき エレファントカシマシ 新田恵利 おぼっちゃまwithたけし軍団 ZIGGY ビー・バップ・少年少女合唱団 中村繁之 江戸真樹 谷村有美 姫乃樹リカ 爆風スランプ 堀ちえみ 勇直子 芸能山城組

最近の記事


2022/05/10
・やっと実装できた「ザ・ベストテン」全放送回Spotifyプレイリスト

随分前から当サイトの「ザ・ベストテン」のコンテンツ内で、ランクイン楽曲をSpotifyのプレイリスト…


2022/05/01
・2022年4月の当サイトアクセス傾向

緊急事態宣言のないゴールデンウイークは久々ですね。北海道も多くの観光客が訪れているようで、事故の無い…


2022/04/26
・プロフィールと聞くと、どうしても倉沢淳美さんを思い出すのです

ここ最近「自己紹介」をする機会はあまりないのですが、転職したりしますと面接やらで自分のプロフィールを…


最近の記事続き