歌謡曲が好き!

「ラッキー・チャンスをもう一度」C-C-B

2015/08/20
C-C-Bといえばこの曲!って感じかな。C-C-Bとしては3枚目の楽曲(Coconut Boys名義含めると5枚目)で、この曲で紅白に出場しています。
なによりシモンズの電子ドラムを叩きながら歌うその姿が当時としては珍しかったし、奇抜な衣装を含め「新しい」印象がありました。その代わりイロモノ的に扱われたのは少し可哀想な気がします。ひょうきんベストテンとか出なくても良いのになぁとか思っておりました。
クレジットを見ての通り職業作家の作詞作曲です。しかしこの後アルバム曲を中心に自分たちのやりたい音楽を追究していきます。世間的には一発屋的な見方をされていても実は音楽的には硬派だったということですね。
ワタシの知る限りですが本曲を含めちゃんと演奏も自分たちでやっていますし、(Romanticが止まらないだけは演奏者が別のようだ)ベストテンでは演奏してたと思うんだよね(トップテンはカラオケのことが多かったよう)

ご存じの通りメンバーの渡辺英樹さんが先月亡くなられました。ご冥福をお祈りいたします。また、田口智治さんの逮捕でもうしばらくは過去の出演番組の再放送(ジャストポップアップの再放送とか)が中止されているのは残念なことです。

「ラッキー・チャンスをもう一度」C-C-B
発売日:1985年8月21日
オリコン最高位:3位
ザ・ベストテン最高位:1位
売上枚数:21.7万枚
レーベル:ポリドール
レコード番号:7DX-1385

A面:ラッキー・チャンスをもう一度
作詞:松本隆
作曲:筒美京平
編曲:船山基紀・C-C-B
歌唱:C-C-B

B面:サーフ・ブレイク
作詞:松本隆
作曲:筒美京平
編曲:船山基紀・C-C-B
歌唱:C-C-B

オリコン年間チャート
1985年 50位

オリコン週間チャート
1985/09/02 3位
1985/09/09 3位
1985/09/16 6位
1985/09/23 6位
1985/09/30 5位
1985/10/07 7位
1985/10/14 13位
1985/10/21 16位
1985/10/28 16位
1985/11/04 19位
1985/11/11 22位

ザ・ベストテン年間チャート
1985年 13位

ザ・ベストテン週間チャート
1985/09/05 7位
1985/09/12 6位
1985/09/19 4位
1985/09/26 4位
1985/10/03 3位
1985/10/10 2位
1985/10/17 1位
1985/10/24 5位
1985/10/31 6位
1985/11/07 9位
1985/11/14 11位
1985/11/21 19位


Lucky Chanceをもう一度
C-C-B
2010/09/15

サーフ・ブレイク
C-C-B
2005/07/01

カテゴリ: 80年代歌謡曲 C-C-B 楽曲紹介

その他の楽曲を検索する:



禁止事項

当サイト内容、画像等の無断転載は禁止します

記事カテゴリ

歌謡曲が好き 70年代歌謡曲 80年代歌謡曲 90年代歌謡曲 2000年代歌謡曲 歌謡曲バー 小泉今日子 フィロソフィーのダンス 今井美樹 ザ・ベストテン サイトアクセス傾向 倉沢淳美 歌謡曲バー 中森明菜 シブがき隊 中村雅俊 歌謡曲が好き 80年代歌謡曲 教育テレビ 紅白歌合戦 ガールポップ クリスマス ゆうゆ 田原俊彦 松本伊代 ラジオが好き タワーレコードミュージック ラ・ムー Spotify PIZZICATO FIVE 読まなくていい内容 スパイダーマン 柏原芳恵 野猿 松田聖子 BONNIE PINK SOULd OUT 日本レコード大賞 敏いとうとハッピー&ブルー ベストテンほっかいどう おニャン子クラブ 婦人倶楽部 マツコの知らない世界 松本典子 志村けん AI美空ひばり 年忘れにっぽんの歌 デンセンマン 当サイトイベント 松原みき 70年代歌謡曲 CDTV chelmico イモ欽トリオ サイト更新情報 WHY@DOLL 森下恵理 刀根麻理子 C-C-B 松山千春 青田浩子 中島みゆき 長渕剛 河合奈保子 近藤真彦 竹内まりや 吉川晃司 浅香唯 CHA-CHA 道上洋三 CoCo オレたち昔・アイドル族 菊池桃子 GWINKO チョー・ヨンピル 小林明子 JA-JA 伊藤麻衣子 ハウンド・ドッグ 伊武雅刀 工藤静香 高田みづえ 石川さゆり・琴風豪規 明石家さんま RCサクセション 伊藤美紀 うしろ髪ひかれ隊 小原靖子 石原裕次郎 NAO & NOBU 池田聡 よせなべトリオ 石田ひかり 川島みき エレファントカシマシ 新田恵利 おぼっちゃまwithたけし軍団 ZIGGY ビー・バップ・少年少女合唱団 中村繁之 江戸真樹 谷村有美 姫乃樹リカ 爆風スランプ 堀ちえみ 勇直子

最近の記事


2022/05/25
・友達が待っていてもFade Out

彼氏彼女の関係になるならないの時期に、グループ的に遊んでたりすると、そこから抜け出しちゃうのがスリル…


2022/05/22
・フィロソフィーのダンス札幌公演に感動して、ロスに悩む

当サイトでは、何度かフィロソフィーのダンスを応援している記事を書いております。 ええ、わかっています…


2022/05/17
・今でも何故か泣けてくるBoogie-Woogie Lonesome High-Heel

1989年は平成になった最初の年になります。 昭和が終わったことでの寂しさとともに、新しい年代への期…


最近の記事続き