歌謡曲が好き!

聖子ちゃんと「明菜」

2018/09/14
さて、最近当アカウント管理者は、すすきのの「懐かしの昭和歌謡曲バー ザ・ベストテン」さんに時々お邪魔していたりします。

特に1980年代当時の懐かしい歌謡曲を聴いていて、他のお客さんと話をしていますと(だいたいそういう年代の曲が好きな人しか来ませんから、お客さん同士仲良くなれたりするのがこういう店のいいところですね)
松田聖子さんは「聖子ちゃん」と呼ばれますが、中森明菜さんは「明菜」と呼び捨てにされていないだろうかという話題でちょっと盛り上がりまして。なるほどなとも思ったわけです。まだ10代であっても大人っぽく見える中森明菜さんは「明菜ちゃん」という感じではないわけで、「明菜さん」でもなんかしっくりこない。結果的に「中森明菜は~」とか言う感じになりますね。

対して松田聖子さんは「聖子ちゃん」なわけで、これはどちらの方がどうというわけではないんだけど、面白いなとも思います。

当時子供の頃に見ていたアイドルを、大人になって見直すと、また当時のアイドルの違った面が見えてきますね。子供の頃好きだったアイドルが、大人になると余り魅力的に見えなかったり、逆に、子供の頃ピンとこなかったアイドルが、今になってみるととても魅力的に見えたり。そういうのは面白いなとも思うわけです。

当サイトは「歌謡曲」メインなサイトなはずで、今もアクセス数の半分はザ・ベストテン関係が占めますが、その次に多いのが列車の空席を見に来る方で、逆に言えばどれだけJR北海道の公式がまともに空席情報の提供していないんだという話でもあります。
何かの時にこの2つのコンテンツは分けたほうがいいかなぁとも思っていたりします。全くコンセプトも客層も別ですからね。

なかなか管理者の周りには歌謡曲趣味の人が余りいませんのでね(そもそも友達が少ないぞ)そういう意味でもちょっと仲間ができるって楽しいなとも思います。

当サイトの歌謡曲コンテンツは地味に更新しているのですが、基本的に日付、曜日などで過去のデータを出すという性質上更新が表立って出てくるわけでも無いわけです。
たまに見て、データが増えてるなぁってくらいなもの。今後も当サイトはこんな感じでヌルくやっていきます。

カテゴリ: 歌謡曲が好き 歌謡曲バー



禁止事項

当サイト内容、画像等の無断転載は禁止します

記事カテゴリ

歌謡曲が好き 70年代歌謡曲 80年代歌謡曲 90年代歌謡曲 2000年代歌謡曲 歌謡曲バー 小泉今日子 フィロソフィーのダンス 今井美樹 ザ・ベストテン サイトアクセス傾向 倉沢淳美 歌謡曲バー 中森明菜 シブがき隊 中村雅俊 歌謡曲が好き 80年代歌謡曲 教育テレビ 紅白歌合戦 ガールポップ クリスマス ゆうゆ 田原俊彦 松本伊代 ラジオが好き タワーレコードミュージック ラ・ムー Spotify PIZZICATO FIVE 読まなくていい内容 スパイダーマン 柏原芳恵 野猿 松田聖子 BONNIE PINK SOULd OUT 日本レコード大賞 敏いとうとハッピー&ブルー ベストテンほっかいどう おニャン子クラブ 婦人倶楽部 マツコの知らない世界 松本典子 志村けん AI美空ひばり 年忘れにっぽんの歌 デンセンマン 当サイトイベント 松原みき 70年代歌謡曲 CDTV chelmico イモ欽トリオ サイト更新情報 WHY@DOLL 森下恵理 刀根麻理子 C-C-B 松山千春 青田浩子 中島みゆき 長渕剛 河合奈保子 近藤真彦 竹内まりや 吉川晃司 浅香唯 CHA-CHA 道上洋三 CoCo オレたち昔・アイドル族 菊池桃子 GWINKO チョー・ヨンピル 小林明子 JA-JA 伊藤麻衣子 ハウンド・ドッグ 伊武雅刀 工藤静香 高田みづえ 石川さゆり・琴風豪規 明石家さんま RCサクセション 伊藤美紀 うしろ髪ひかれ隊 小原靖子 石原裕次郎 NAO & NOBU 池田聡 よせなべトリオ 石田ひかり 川島みき エレファントカシマシ 新田恵利 おぼっちゃまwithたけし軍団 ZIGGY ビー・バップ・少年少女合唱団 中村繁之 江戸真樹 谷村有美 姫乃樹リカ 爆風スランプ 堀ちえみ 勇直子

最近の記事


2022/05/25
・友達が待っていてもFade Out

彼氏彼女の関係になるならないの時期に、グループ的に遊んでたりすると、そこから抜け出しちゃうのがスリル…


2022/05/22
・フィロソフィーのダンス札幌公演に感動して、ロスに悩む

当サイトでは、何度かフィロソフィーのダンスを応援している記事を書いております。 ええ、わかっています…


2022/05/17
・今でも何故か泣けてくるBoogie-Woogie Lonesome High-Heel

1989年は平成になった最初の年になります。 昭和が終わったことでの寂しさとともに、新しい年代への期…


最近の記事続き