歌謡曲が好き!

80年代アイドルのクリスマスソング

2021/12/13
すっかり12月も中旬を迎えてしまって、場合によってはもう遅い感もあるんですが、そういえば去年もこれを書こうと思ってて、忙しさにかまけていたら年末になっちゃってボツという憂き目になった題材でございます。

最近のアイドルさんはベタなクリスマスソングって歌うんでしょうかね?いい大人になってしまった私も、子供の頃は楽しみにしていたクリスマスでしたんで、大好きなアイドルさんが歌うクリスマスソングをなんとかテープにコピーしてオリジナルなクリスマスソングメドレーなんか作ったりしていましたが、今となっては年末進行に押されて、ふと落ち着いたら、もう年末年始のお休みってことになっちゃいます。それでも子供が小さい頃はクリスマスプレゼントの入手に悩んでいたんですけどね。

よしえのクリスマス

ジングル・ベル
柏原芳恵
2010/4/14


1982年に柏原芳恵さんが出されたクリスマスソングメドレーです。
・ジングル・ベル
・赤鼻のトナカイ
・サンタが町にやって来る
・きよしこの夜~よしえのクリスマスメッセージ
という4曲が収録されています。
レコード面もホワイト仕様にカラーのレーベル面。ジャケットも見開きで、裏表紙からレコードのレーベル面が顔を出すという凝った仕様になっています。これぞアイドルが出すクリスマスアルバム!と言えましょう(オリコンではシングル扱い)
4曲入りですが7インチサイズですのでLPレコードの33 1/3回転で再生します。高速回転な芳恵ちゃんの歌を聴いてしまった方も少なくないでしょう。

個人的にも入手したのですが、中に芳恵さんのイラスト入りお手紙が入ってるはずなのですが欠品。いい状態のを探しております。なお、Spotifyにはありません。


12月の祈り


堀ちえみさんが1983年に出している5枚目のアルバム「雪のコンチェルト」の1曲です。
いかにもなアイドルのクリスマス曲なのですが、この声、堀ちえみさんの声がいいんですよ。本当に切なそうな、そういう感じが伝わってくる一曲です。本当に配信が無いのが残念なアーティストさんのお一人です。


海辺のクリスマス

海辺のクリスマス
早見優
2012/4/25

早見優さんの1983年に出しました4枚目のアルバム「COLORFUL BOX」の最後に入っている楽曲です。作詞は小林和子さん、作曲は筒美京平さん。
海の男としては、この曲を外せません。
落ち着いた曲で、彼に内緒でやってきているコテージというのが、いい感じです。こういう曲を最後に持ってくるのが、アイドルのアルバムの楽しいところで、最後は明るく派手に幸せにってアルバム、あまり多くないんですね。
ライブの最後に聞いたら少し寂しくなるけど、きっとアンコールでシングル曲とかやるんで、これでいいとも言えましょうか。


チェッカーズのX'mas Song

チェッカーズのX'mas Song
チェッカーズ
1984/11/21

アイドルのくくりが妥当かはともかく、この時期アイドル的に人気を博したチェッカーズの「ジュリアに傷心」のB面曲になります。
この当時のチェッカーズはA面を職業作家が、B面をオリジナル曲としています。その結果が87年以降のバンドとしてのオリジナル曲で勝負することを支えることになるのではないかと思うのです。
この曲は藤井郁弥さん作詞、武内享さん作曲、編曲をチェッカーズ・芹澤廣明名義としています。インディーズ時代からの楽曲であったとされているものです。歌詞を見ての通り、あまりにも普遍的なラブソングです。
1984年のオリコンシングル年間ランキング、じつに20位以内に4枚がランクインするチェッカーズ。
80年代アイドルのクリスマスソング
その中で、この後バブルに熱狂する時代がうっすらと見える、少し大人だったり、少し背伸びしていたり、モノや旅行にお金を使うことがもてはやされる中で、あなたと二人ならいいという少し前の価値観のようなものが残っている、それが逆に「今」の方が合ってるのかもしれません。


10月のクリスマス

1986年9月21日に発売された浅香唯さんの5枚目のシングルです。10月からはじまる「スケバン刑事III」の直前。つまり、浅香唯さんが売れる直前の楽曲になります。オリコンは最高88位です。

これはカトちゃんケンちゃんごきげんテレビですね。

アイドル楽曲として普遍的な、彼氏との初めての夜をクリスマスにはまだ早い10月にやっちゃおうという感じですが、曲がそれを押さえ込んでいます。今聞くと、いいなぁと。浅香唯さんデビュー当時からかわいいですね。


クリスマスが来るまえに

クリスマスが来るまえに
渡辺 満里奈
1987/2/26

1986年にはもう一曲、渡辺満里奈さんの「深呼吸して」のB面です。秋元康さんの詩の世界ですね。「あなたの好きなセーターの色」を10月である今教えてくれないとクリスマスまでには間に合わない、でも、2ヶ月で編めるんですね、大きさにもよりますが、テストが近づいて会えなくなる状況で1日に何時間も編めないだろうにとか思っちゃうのは野暮でしょう。
ちなみに、この「深呼吸して」は、当時のオリコン初登場1位の最年少記録なんです。当時15歳11か月ということで、B面歌詞の内容はもう少しお姉さんな内容ですね。


クリスマスには間に合わせたい

クリスマスには間に合わせたい
小沢 なつき
2003/12/3

1987年にデビューした小沢なつきさんの2枚目のシングルです。ドラマ花のあすか組の直前の楽曲になりますね。1989年の魔法少女ちゅうかなぱいぱい!途中で引退という形での短いアイドル生活になりますが、セクシーアイドル期を経て現在はお元気なのでしょうか。
こちらも秋元康さんの作詞、アイスクリームに、フルーツサンデーにチョコレートと子供っぽいところから卒業するという形の曲になりますね。この曲が入っているアルバムが「Chocolate Candle」というタイトルで、この曲から来てるんでしょうか。


Christmas Night

Christmas Night
斉藤由貴
1988/11/21

1988年に発売された斉藤由貴さんの企画シングルです。8cmのCDにこの1曲だけが収録されています。クリスマスカードの封筒の中にCDが入っているような形態で、あまり枚数が出なかったこともあって、私も見つけられていない1枚です。
なお、CDには歌詞カードがないのですが、アルバムPANT収録時には作詞斉藤由貴・作曲岡本朗・編曲武部聡志とクレジットされています。(先行シングルという形だった?)
チェッカーズの時にも思った普遍的なラブソングです。時はバブル絶好調、人は浮かれ、そして忙しかった。あなたにそばにいて欲しいと願った方は少なくないのでしょう。そして、クリスマスは恋人と過ごすのが当たり前と、本当にその人と過ごしたかったのか?という疑問がありながらも男女は一夜を過ごしていく、そんな毎年でしょうか。


あっこのX'mas Calendar

1989年11月21日に発売された生稲晃子さん語りの企画シングルです。12月18日からの一週間を1曲づつ歌います。
・[12/18(月)] ジングル・ベル
・[12/19(火)] サンタが町にやって来る
・[12/20(水)] 赤鼻のトナカイ
・[12/21(木)] ママがサンタにキッスした
・[12/22(金)] うれしいうれしいクリスマス
・[12/23(土)] サンタクロースがやってくる
・[12/24(日)] もろびとこぞりて
こちらはCDに特殊な仕掛けが入っているようで、連続して再生できないようになっています。なお、歌っているのは杉並児童合唱団で、生稲晃子さんは語りとなります。


あの頃、ラスト・クリスマス

あの頃、ラスト・クリスマス
田山 真美子
2004/11/17

田山真美子さんは1989年デビュー、この曲が2枚目のシングルです。当時の彼女へのプッシュはかなり幅広くて、このCDも一般的な8cmCDなのですが、24ページのミニ写真集(フォトダイヤリー)が付属するという豪華仕様となっています。ジャケットなどに特段なクリスマス感はありません。なお、なぜか初回版と通常版の発売日が別なので、オリコンは別途集計されているようですね。
冬休みのカフェを貸し切りにしたクラス会というあたりが、この当時の学生でも金持ってるなぁ感がありますね。「あの頃 ラスト・クリスマス 歌ってくれたね」ってどの曲でしょうねぇ。ワム!じゃないですよね?


天使たちのシンフォニー


歌のトップテンの1990年1月8日「初春初夢バラエティ」ですね。これが3人での最後の出演です。

その田山真美子さんと中山忍さん、河田純子さんの3人でクリスマス限定のユニットが作られたのを覚えていますでしょうか。楽天使というユニットになります。「クリスマスに天使が地上に舞い降りた」というキャッチフレーズで「天使たちのシンフォニー」という1曲(8cmシングルの1曲目は「天使たちの序曲」というインスト曲だった)のみを発売しています。CBSソニー所属の3人のユニットということで、シングル1枚、アルバム1枚とビデオ1作品のみの活動となります。ちなみにアルバムは「恋する夏の日」を中山忍さんが歌っていたりしますので、それはそれで面白い企画アルバムですが配信が無いのが残念です。
1989年の12月にこのCDを発売してから3週間、各地でライブしてトップテン出演で終了という、ある意味もったいない使い方は、ネット時代では無いこともあって、今のようなインディーズ活動も難しく、そしてアイドル冬の時代だったというのもあるんでしょうね。
このような抱き合わせ的企画ユニットはこのあともいくつか誕生しますが、長く続かなかったのはレコード会社の収益にならなかったという面もあるのでしょう。そして、90年代以降はグループアイドルの時代になっていきます。


ごくごく一部をご紹介しました、クリスマスと名のつかない曲も多いので、なかなか見つけるのは困難なのですが、でも、この当時少し時代背景を見ながら懐かしいクリスマスに浸るのもいいのかもしれません。懐かしすぎて、あたしゃ泣きたいよ。

カテゴリ: 歌謡曲が好き 80年代歌謡曲 楽曲紹介 クリスマス



禁止事項

当サイト内容、画像等の無断転載は禁止します

記事カテゴリ

歌謡曲が好き 70年代歌謡曲 80年代歌謡曲 90年代歌謡曲 2000年代歌謡曲 歌謡曲バー 小泉今日子 フィロソフィーのダンス 今井美樹 ザ・ベストテン サイトアクセス傾向 倉沢淳美 歌謡曲バー 中森明菜 シブがき隊 中村雅俊 歌謡曲が好き 80年代歌謡曲 教育テレビ 紅白歌合戦 ガールポップ クリスマス ゆうゆ 田原俊彦 松本伊代 ラジオが好き タワーレコードミュージック ラ・ムー Spotify PIZZICATO FIVE 読まなくていい内容 スパイダーマン 柏原芳恵 野猿 松田聖子 BONNIE PINK SOULd OUT 日本レコード大賞 敏いとうとハッピー&ブルー ベストテンほっかいどう おニャン子クラブ 婦人倶楽部 マツコの知らない世界 松本典子 志村けん AI美空ひばり 年忘れにっぽんの歌 デンセンマン 当サイトイベント 松原みき 70年代歌謡曲 CDTV chelmico イモ欽トリオ サイト更新情報 WHY@DOLL 森下恵理 刀根麻理子 C-C-B 松山千春 青田浩子 中島みゆき 長渕剛 河合奈保子 近藤真彦 竹内まりや 吉川晃司 浅香唯 CHA-CHA 道上洋三 CoCo オレたち昔・アイドル族 菊池桃子 GWINKO チョー・ヨンピル 小林明子 JA-JA 伊藤麻衣子 ハウンド・ドッグ 伊武雅刀 工藤静香 高田みづえ 石川さゆり・琴風豪規 明石家さんま RCサクセション 伊藤美紀 うしろ髪ひかれ隊 小原靖子 石原裕次郎 NAO & NOBU 池田聡 よせなべトリオ 石田ひかり 川島みき エレファントカシマシ 新田恵利 おぼっちゃまwithたけし軍団 ZIGGY ビー・バップ・少年少女合唱団 中村繁之 江戸真樹 谷村有美 姫乃樹リカ 爆風スランプ 堀ちえみ 勇直子

最近の記事


2022/05/25
・友達が待っていてもFade Out

彼氏彼女の関係になるならないの時期に、グループ的に遊んでたりすると、そこから抜け出しちゃうのがスリル…


2022/05/22
・フィロソフィーのダンス札幌公演に感動して、ロスに悩む

当サイトでは、何度かフィロソフィーのダンスを応援している記事を書いております。 ええ、わかっています…


2022/05/17
・今でも何故か泣けてくるBoogie-Woogie Lonesome High-Heel

1989年は平成になった最初の年になります。 昭和が終わったことでの寂しさとともに、新しい年代への期…


最近の記事続き