歌謡曲が好き!

さぁ。「投票行って外食するんだ」

2021/10/26
当サイトは毎度政治的なことと一線置こうとは思ってるんですが、それでも日常として気になるのは一日一日を生きていくのに必要な政治という話、そして、それを選択するのが私たち一人一人が行う「選挙」であります。

我が家は親は盲目的に選挙に行く家でしたし、まず外食なんかしない家でしたので、選挙の日に外食したって記憶も無いのですが、それでも選挙の日の特別番組が並ぶ様子とか、翌日の新聞が少し薄くて(最終面まで選挙関係記事になるので一般的なコラムとかがない特別紙面になる)のを「非日常」として捉える感じがありました。

2001年、この年も参議院選挙がありました。小泉純一郎内閣の時代であります。投票率は56.4%だったとのことであります。
この年に発売されたのがモーニング娘。「ザ☆ピ~ス!」であります。この曲のフレーズに「投票行って外食するんだ」この言葉にすごく衝撃を受けたのを覚えています。

結婚して子供が生まれて、でも私生活的には収入が減って大変だった我が家ではありましたが、まぁ、幸せにやってますよって感じで、その中で意識しなかった政治の話が歌謡曲から出てきたこと、そして、それがさらっと、本当に全く予期しない形で出てきたことが衝撃でした。

ザ☆ピ〜ス!
モーニング娘。
2001/7/25


この曲から20年。NHKが楽曲を作ったつんく♂氏にインタビューしています。

 

投票行って外食するんだ つんく♂が明かす 歌詞に込めた思い
NHK 2021年10月25日
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211024/k10013317301000.html
>つんく♂さん
あの時も、家族にとって大事なのは「外食しようね」ってことでした。家族の「ザ☆ピ~ス!」な場面ってそれぞれ色々あると思うんですが、その一場面を書いたんですね。
>モーニング娘。のメンバーにとっても、社会が他人事な感じにならないような、そんな気持ちもあったと思います。「歌だけ歌ってればいいでしょ」みたいにならないようにね。


20年前の曲が、今も話題になるのは、その間選挙に行く曲があまりないこともあります。私の調べる限り、選挙というワードがある歌詞は100曲に満たず、政権批判的な形や選挙をうるさいものとする曲などがどうしても多い、

目覚まし時計は歌う (選挙ソング)
RUFFY TUFFY
2000/7/7

2000年に発表した『夏の十字架』の一曲。忌野清志郎さんの歌詞です。「今日はいい天気だ Hoo 選挙に行って投票しようぜ 起きろよBaby 誰か違う奴に Hoo 君の一票を託してみないか」政権批判と単純にいえないのは、彼の生きた時代は一党が長く政権を維持したわけで、その後政権交代とはいえその中身にも非常に不満があったことがわかろうかと思います。彼は政権交代が成し遂げられたその後の今の世の中をどう評価しましょうか。

1952年の楽曲。「選挙くせものこわいもの」榎本健一。エノケンさんです。政治風刺の曲のようなのですが、聞いたことが無い。歌詞はなかなか風刺が効いてて面白いです。

時代は変わる
高野寛
2018/2/14

2018年のアルバムA-UNに入っています「時代は変わる」高野寛。ボブ・ディランの曲を訳しています。原曲は1964年のアルバム「時代は変る」のタイトルナンバーになります。

The Times They Are A-Changin'
ボブ・ディラン
1964/1/13

原曲はケネディ大統領就任演説からヒントを得たとされています。当時の若い感性を大人に対して歌っている訳ですね。政治的な楽曲を好まないのは最近の傾向とは思いますが、実際は政権批判に勤しむ新聞、テレビの論調に対して、ネットで最新の状況を見て「ワクチン接種が遅いとか言ってたけど、結局他国より早いくらいじゃないか」とか「ワクチン確保が遅いとか言ってたけど、国民2回どころか3回分確保してるじゃないか」と報道の「デマ」すら感じてしまうのですから、そりゃ政権批判にコロナを使った野党の方法に支持を集めることができないという面はありましょう。

本当の意味で、世代分断が進んでいることを実感します。「選挙に負けた半分の人」がある程度世代の半分になっている危機感があります。

かならず選挙に行く
ANZEN漫才
2017/4/19

2017年の楽曲「かならず選挙に行く」ANZEN漫才。ネタですが、与野党より甘党と選挙に行くことが大事。どの候補もダメだなぁと思いながらダメな中でマシを選ぶのが選挙。

とはいえ、そのマシな候補者を見つけることができるのか?というものがありますね。

 

情報通信白書
https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/r02/html/nd252510.html
さぁ。「投票行って外食するんだ」

もはや10代20代は全くというほど新聞を読んでいません。テレビも35%は見ていません、ラジオもほとんど聞いていません。ネット利用の時間が恐ろしく延びていますので、こうなっちゃうと、うまくサジェストされた「自分にとって心地いい」ものしか見えませんから、どんどん先鋭化していくことになります。
身近なことでも、遠くの政治のことでも「みんなが思っているはず!」というのが、恐ろしく狭い中で自分のタイムラインに流れてくるのが「それだけ」であることに留意しなければなりません。

そのなかで、一つ別な世界があるんだよというものを見せるのも「歌謡曲」の務めなのかもしれませんが、それも今は自分に近い曲しか流れませんからね。

31日、意中の候補に投票して、そして、外食でもしようか。



カテゴリ: 歌謡曲が好き 2000年代歌謡曲



禁止事項

当サイト内容、画像等の無断転載は禁止します

記事カテゴリ

歌謡曲が好き 70年代歌謡曲 80年代歌謡曲 90年代歌謡曲 2000年代歌謡曲 歌謡曲バー 小泉今日子 フィロソフィーのダンス 今井美樹 ザ・ベストテン サイトアクセス傾向 倉沢淳美 歌謡曲バー 中森明菜 シブがき隊 中村雅俊 歌謡曲が好き 80年代歌謡曲 教育テレビ 紅白歌合戦 ガールポップ クリスマス ゆうゆ 田原俊彦 松本伊代 ラジオが好き タワーレコードミュージック ラ・ムー Spotify PIZZICATO FIVE 読まなくていい内容 スパイダーマン 柏原芳恵 野猿 松田聖子 BONNIE PINK SOULd OUT 日本レコード大賞 敏いとうとハッピー&ブルー ベストテンほっかいどう おニャン子クラブ 婦人倶楽部 マツコの知らない世界 松本典子 志村けん AI美空ひばり 年忘れにっぽんの歌 デンセンマン 当サイトイベント 松原みき 70年代歌謡曲 CDTV chelmico イモ欽トリオ サイト更新情報 WHY@DOLL 森下恵理 刀根麻理子 C-C-B 松山千春 青田浩子 中島みゆき 長渕剛 河合奈保子 近藤真彦 竹内まりや 吉川晃司 浅香唯 CHA-CHA 道上洋三 CoCo オレたち昔・アイドル族 菊池桃子 GWINKO チョー・ヨンピル 小林明子 JA-JA 伊藤麻衣子 ハウンド・ドッグ 伊武雅刀 工藤静香 高田みづえ 石川さゆり・琴風豪規 明石家さんま RCサクセション 伊藤美紀 うしろ髪ひかれ隊 小原靖子 石原裕次郎 NAO & NOBU 池田聡 よせなべトリオ 石田ひかり 川島みき エレファントカシマシ 新田恵利 おぼっちゃまwithたけし軍団 ZIGGY ビー・バップ・少年少女合唱団 中村繁之 江戸真樹 谷村有美 姫乃樹リカ 爆風スランプ 堀ちえみ 勇直子

最近の記事


2022/05/25
・友達が待っていてもFade Out

彼氏彼女の関係になるならないの時期に、グループ的に遊んでたりすると、そこから抜け出しちゃうのがスリル…


2022/05/22
・フィロソフィーのダンス札幌公演に感動して、ロスに悩む

当サイトでは、何度かフィロソフィーのダンスを応援している記事を書いております。 ええ、わかっています…


2022/05/17
・今でも何故か泣けてくるBoogie-Woogie Lonesome High-Heel

1989年は平成になった最初の年になります。 昭和が終わったことでの寂しさとともに、新しい年代への期…


最近の記事続き