歌謡曲が好き!

金・銀・パール(銅)な曲

2021/09/10
オリンピック・パラリンピック東京大会も終わってしまいましたね。

個人的には何か競技をテレビでやっていれば見るレベルでしたが、見たら面白いってのがスポーツだよなぁって思います。

さて、タイトルの「金」「銀」と聞いて、思い出すのが「銅」な方と「パール」な方がいるような気がします。金銀パールプレゼント!と歌える人はかなり年配ではないでしょうか。
1965年に発売開始されたライオン油脂(現ライオン)の洗濯洗剤「ブルーダイヤ」の販促としてはじまったのが「金銀パールプレゼント」で、ブルーダイヤの歌「うれしい白ですブルーダイヤ」から「金銀パールプレゼント」と流れるようにつながり、なおかつ韻を踏んだ感じの軽やかな形で印象に残るのです。小林亜星さんの作詞作曲で、CDにも収録されていますが、配信はないので入手が難しいかもしれません。

 

テイチク
小林亜星 CMソング・アンソロジー
https://www.teichiku.co.jp/catalog/reissue/discography/TECD-25482.html

私の幼少の頃は、何故かこのCMがやたらウケて、しかもファミコンソフトの桃太郎伝説の中に「きんぎんパールプレゼントのおに」なる敵キャラが現れたり、CMが終わってからも何故か気になる製品でありました。

ちなみに我が家は「酵素パワーのトップ」を使っておりましたので、宝石類が当たった方の話は聞いたことがありませんでしたが、当時はまことしやかに「宝石が洗剤の中に紛れてるから知らずに洗濯して無くすんだ」とか言ってた子がいましたね。


さて、金、ゴールドな歌詞の曲って意外とたくさんありまして。

イミテイション・ゴールド
山口百恵
1977/7/1

毎度のイミテーション・ゴールドが代表ですが、こんな例も。

●Hey!ミスター・ポリスマン 石川秀美
作詞/作曲:松宮恭子
「真赤な車に ゴールドのライン」


●GOLD 甲斐バンド
作詞/作曲:甲斐よしひろ

GOLD
甲斐バンド
1983/7/21

これは汗で光る女体をゴールドに見立てる、うん、エロいやつですね♪でも、2番の老いていく二人、あせたGOLDって歌詞が哀しい。

●一匹狼(ローン・ウルフ) 木之内みどり
作詞:東海林良/作曲:大野克夫

一匹狼
木之内みどり
2007/7/18

スウィング ゴールドの光って、どんな光なんでしょう。なんか競走馬の名前にいそうな感じですが、一匹狼な、どことなくダメな男に惹かれる女性の心理には、彼には後光のような光が見えているのでしょう。成就したとしても、なんとなく幸せになれそうも無い感があります。

●エルドラド 久保田早紀
作詞:三浦徳子/作曲:久保田早紀

エルドラド
久保田 早紀
2002/1/1

素晴らしかった日々は戻らない的な、過去を振り返ってあの頃は良かった、結果こうなったのは自分のせいなのだけどって感じ?ゴールドの夢はなかなか見ませんが、輝いた昔の夢は見ることがあります。

●ブルースカイ ブルー 西城秀樹
作詞:阿久悠/作曲:馬飼野康二

ブルースカイ ブルー
西城 秀樹
2017/11/15

相手の指輪を引き抜くのは略奪愛な感じでいいですね。今の合意偏重な恋愛からは想像もつかないのが70年代の男性なんでしょうか。しかし、彼女は連れ戻されていく。このシチュエーションは本当に最近は見かけない感じがします。

●演歌ナトリウム きゃりーぱみゅぱみゅ
作詞/作曲:中田ヤスタカ

演歌ナトリウム
きゃりーぱみゅぱみゅ
2018/9/26

アルバム曲ですが「タングステン レニウム オスミウム イリジウム プラチナ ゴールド 水銀 タリウム 亜鉛 ビスマス ポロニウム アスタチン ラドン・・・」ですので。

●ON AIR スチャダラパー
作詞:M.KOSHIMA・Y.MATSUMOTO・S.MATSUMOTO/作曲:M.KOSHIMA・Y.MATSUMOTO・S.MATSUMOTO

ON AIR
スチャダラパー
2009/3/25

GOLDといって大人になると思い出すのは無事故無違反の証ゴールド免許。ラッパーさん受難の時代になってしまいましたが、その先駆者たるスチャダラパーさんは今も楽しそうに曲を出すのがいいですね。

さて、シルバーとなりますと、若干お年を召した感じにもなってきます。

●ツッパリHigh School Rock'n Roll(還暦編) 横浜銀蝿40th
作詞:TAKU/作曲:TAKU・翔

ツッパリHigh School Rock’n Roll(還暦編)
横浜銀蝿40th
2020/2/19

最近「シルバーシート」とは言わないらしいのですが、「タイマンはりましょシルバーシートで 月に一度の健康診断 血圧・尿酸レッドゾーン」はわらかしてもらいました。

●銀河空港 キャンディーズ
作詞:竜真知子/作曲:馬飼野康二

銀河空港
キャンディーズ
2008/9/3

以前も紹介した「銀河空港」です。シルバー・グレイの翼の飛行機に乗ってしまったら、もう遅いのです。

●シルバーリング 嵐
作詞:山本成美/作曲:北川吟

シルバーリング

2006/7/5

男の子から女の子に宝飾品をプレゼントするって、すごく緊張するものでございまして、「君に似合いそうな シルバーリングを買った」って、普通の男の子は「君に似合うか」なんか無理で店員さんに言われるがままの無難なやつか、微妙なやつを買うこと請け合いです。

●A GOLD NEEDLE AND SILVER THREAD 山口百恵
作詞:阿木燿子/作曲:宇崎竜童

A GOLD NEEDLE AND SILVER THREAD
山口百恵
1979/7/21

GOLDでも出てきた百恵さん。直訳すると「金の針と銀の糸」これさえあればどんなものでも繕えますかと歌うわけですが、これまた、そんなものが存在しないことも、離れた心が戻ってこないことも知っているのですね。

銅となると、あまり歌詞に出てこない感じがいたします。漢字なら金銀銅合わせて出てきますよね。
●5つの銅貨 相本久美子
作詞:門谷憲二/作曲:和泉常寛
あー聞きたかったけど配信無いですね。青銅製の10円硬貨、市内通話なら当時は5枚で15分かけられます。彼氏と彼女の関係なら15分なんかあっという間に過ぎ去ってしまいますが、たくさん硬貨を公衆電話に入れて、長電話しようと思っても5枚も「恋のおつり」つまり、短い時間で用件が済んでしまったってことで、こういうシチュエーションは今は全くわからない感覚だと思います。

●恋の接近法 小泉今日子
作詞:川村真澄/作曲:タケカワユキヒデ

恋の接近法
小泉今日子
1986/7/23

1986年はまだ4桁の暗証番号が誕生日や生年の可能性があるのか。彼の指先がATMのボタンをなぞるのを見て生年月日を突き止めようとする小泉さん。それは微妙な犯罪臭がします。で、銅が出てくるのは銅像の下。小泉今日子さんっぽい曲だなぁって思っちゃう。

●DAYDREAM 山下達郎
作詞:吉田美奈子/作曲:山下達郎
こちらも曲を紹介できないのですが「カッパー」を歌詞にしてる方はやっぱり少ない。
「光に シルバー メタリック 眩しい カッパー プラチナ 輝け キャンディー ブライトゴールド 溢れ出る色の渦」
こういう歌詞もなかなか難しいと思うんです。色を言ってるだけといってしまったらそれまでだけど、やっぱり格好いいんだよな。

真珠はいっぱいあるので一曲だけ。

●ズルい女 シャ乱Q
作詞:つんく/作曲:つんく

ズルい女
シャ乱Q
1995/5/3

あとから歌詞の意味考えて、あー真珠ってそういう意味だったんだぁと。ちゃんと本来の真珠の意味でも歌詞の意味はつながりますしね。

カテゴリ: 歌謡曲が好き 楽曲紹介



禁止事項

当サイト内容、画像等の無断転載は禁止します

記事カテゴリ

歌謡曲が好き 70年代歌謡曲 80年代歌謡曲 90年代歌謡曲 2000年代歌謡曲 歌謡曲バー 小泉今日子 フィロソフィーのダンス 今井美樹 ザ・ベストテン サイトアクセス傾向 倉沢淳美 歌謡曲バー 中森明菜 シブがき隊 中村雅俊 歌謡曲が好き 80年代歌謡曲 教育テレビ 紅白歌合戦 ガールポップ クリスマス ゆうゆ 田原俊彦 松本伊代 ラジオが好き タワーレコードミュージック ラ・ムー Spotify PIZZICATO FIVE 読まなくていい内容 スパイダーマン 柏原芳恵 野猿 松田聖子 BONNIE PINK SOULd OUT 日本レコード大賞 敏いとうとハッピー&ブルー ベストテンほっかいどう おニャン子クラブ 婦人倶楽部 マツコの知らない世界 松本典子 志村けん AI美空ひばり 年忘れにっぽんの歌 デンセンマン 当サイトイベント 松原みき 70年代歌謡曲 CDTV chelmico イモ欽トリオ サイト更新情報 WHY@DOLL 森下恵理 刀根麻理子 C-C-B 松山千春 青田浩子 中島みゆき 長渕剛 河合奈保子 近藤真彦 竹内まりや 吉川晃司 浅香唯 CHA-CHA 道上洋三 CoCo オレたち昔・アイドル族 菊池桃子 GWINKO チョー・ヨンピル 小林明子 JA-JA 伊藤麻衣子 ハウンド・ドッグ 伊武雅刀 工藤静香 高田みづえ 石川さゆり・琴風豪規 明石家さんま RCサクセション 伊藤美紀 うしろ髪ひかれ隊 小原靖子 石原裕次郎 NAO & NOBU 池田聡 よせなべトリオ 石田ひかり 川島みき エレファントカシマシ 新田恵利 おぼっちゃまwithたけし軍団 ZIGGY ビー・バップ・少年少女合唱団 中村繁之 江戸真樹 谷村有美 姫乃樹リカ 爆風スランプ 堀ちえみ 勇直子

最近の記事


2022/05/25
・友達が待っていてもFade Out

彼氏彼女の関係になるならないの時期に、グループ的に遊んでたりすると、そこから抜け出しちゃうのがスリル…


2022/05/22
・フィロソフィーのダンス札幌公演に感動して、ロスに悩む

当サイトでは、何度かフィロソフィーのダンスを応援している記事を書いております。 ええ、わかっています…


2022/05/17
・今でも何故か泣けてくるBoogie-Woogie Lonesome High-Heel

1989年は平成になった最初の年になります。 昭和が終わったことでの寂しさとともに、新しい年代への期…


最近の記事続き