歌謡曲が好き!

チェンジ!レオパルドン!

2021/06/14
ふと、頭の中をよぎって、聞きたくなった曲。
それが歌謡曲とは限らないし、さまざまな要因で、ふと思うので、何故か?といわれても困るのですが、とかく聞きたくなったの。

駆けろ!スパイダーマン


一部に熱狂的な人気を誇る、東映が製作した「スパイダーマン」のテーマです。マーベル・コミックのいかにもアメカジ的なスパイダーマンよりも、幼少の時見た、ニヒルな孤高なヒーロー「スパイダーマン」の印象は恐ろしく強く、当時の子供達の胸に強く突き刺さっていると言ってもいいでしょう。
番組が放送されたのは1978年5月から1979年3月までで、1973年生まれのワタクシといたしましてはぴったり時期が当てはまります。

ちょうどこの時期は仮面ライダーやウルトラマンの新作がなかった時期になりますので、子供達はこの「新しいヒーロー」に飛びつくのです。

チェンジ!レオパルドン!
(スパイダーマン放送開始である1978年5月17日の東京地区テレビ番組表)

テレビ東京(東京12チャンネル)の系列局は当時北海道にはありませんで、フジテレビ系の北海道文化放送(UHB)が金曜の夕方に放送していたようです。(19時台に放送されているままだったら、親の見る野球中継がありますから、多分見ることができなかったでしょう)

今でこそ、このようなヒーローものを懐かしく見る私ではありますが、当時、暴力的描写や悪の敵組織が本当に怖く、特に仮面ライダーやキカイダーはヒーローそのものが怖い印象すらあったんですね。同様にロボットアニメも当時ならボルテスVや闘将ダイモス、そしてよくネタとして出てくるであろうザンボット3ですから、子供心にも、なかなかハードだったという面があります。

スパイダーマンはまず、見た目がいかにも昆虫顔なライダーよりはかなりマシで(それでも蜘蛛ですからねぇ)軽々とした身のこなしでビルに登り天井に張り付くのですから、そこがすごーい!から始まった感があります。そして4輪のマシンに乗っています。2輪のライダーやサイドカーのキカイダーよりも安定感があって、個人的には好き。

そして、そしてですよ。巨大ロボレオパルドンですよ。もちろん当時の子供達がアメコミ的スパイダーマンを知る由もなく、それまでアニメの世界だけで出てきていた「巨大ロボ」が、実写的に変形して登場するのですからマシン好き男の子が燃えないわけがない。
この敵が巨大化して巨大ロボにヒーロが乗って立ち向かうという特撮ギミックの走りがスパイダーマンだったとのことで、この意味は大きいと思われます。

誓いのバラード

そして、なにより格好良いのは、このエンディングテーマ「誓いのバラード」もう、歌謡曲ですよ。作詞の八手三郎氏は東映内のスタッフの変名とのことで、決まった方が書いているわけではないようです。作曲の渡辺宙明氏は特撮系の作曲では知らぬ人はいないという作曲家さんです。
そして、歌ってらっしゃるのはヒデ夕樹氏。私はごく最近まで「ヒデタ」樹氏だと思っていたのは恥ずかしい話であります。「この木なんの木」のオリジナル歌唱のかたと言えば、声が思い出せるかもしれませんね。

コロムビアSCS-421として、オープニング、エンディングテーマはレコード化されていますが、あまり枚数が出ていないのか、オークションでもなかなか高額で取引されています。

カテゴリ: 歌謡曲が好き スパイダーマン 70年代歌謡曲



禁止事項

当サイト内容、画像等の無断転載は禁止します

記事カテゴリ

歌謡曲が好き 70年代歌謡曲 80年代歌謡曲 90年代歌謡曲 2000年代歌謡曲 歌謡曲バー 小泉今日子 フィロソフィーのダンス 今井美樹 ザ・ベストテン サイトアクセス傾向 倉沢淳美 歌謡曲バー 中森明菜 シブがき隊 中村雅俊 歌謡曲が好き 80年代歌謡曲 教育テレビ 紅白歌合戦 ガールポップ クリスマス ゆうゆ 田原俊彦 松本伊代 ラジオが好き タワーレコードミュージック ラ・ムー Spotify PIZZICATO FIVE 読まなくていい内容 スパイダーマン 柏原芳恵 野猿 松田聖子 BONNIE PINK SOULd OUT 日本レコード大賞 敏いとうとハッピー&ブルー ベストテンほっかいどう おニャン子クラブ 婦人倶楽部 マツコの知らない世界 松本典子 志村けん AI美空ひばり 年忘れにっぽんの歌 デンセンマン 当サイトイベント 松原みき 70年代歌謡曲 CDTV chelmico イモ欽トリオ サイト更新情報 WHY@DOLL 森下恵理 刀根麻理子 C-C-B 松山千春 青田浩子 中島みゆき 長渕剛 河合奈保子 近藤真彦 竹内まりや 吉川晃司 浅香唯 CHA-CHA 道上洋三 CoCo オレたち昔・アイドル族 菊池桃子 GWINKO チョー・ヨンピル 小林明子 JA-JA 伊藤麻衣子 ハウンド・ドッグ 伊武雅刀 工藤静香 高田みづえ 石川さゆり・琴風豪規 明石家さんま RCサクセション 伊藤美紀 うしろ髪ひかれ隊 小原靖子 石原裕次郎 NAO & NOBU 池田聡 よせなべトリオ 石田ひかり 川島みき エレファントカシマシ 新田恵利 おぼっちゃまwithたけし軍団 ZIGGY ビー・バップ・少年少女合唱団 中村繁之 江戸真樹 谷村有美 姫乃樹リカ 爆風スランプ 堀ちえみ 勇直子

最近の記事


2022/05/25
・友達が待っていてもFade Out

彼氏彼女の関係になるならないの時期に、グループ的に遊んでたりすると、そこから抜け出しちゃうのがスリル…


2022/05/22
・フィロソフィーのダンス札幌公演に感動して、ロスに悩む

当サイトでは、何度かフィロソフィーのダンスを応援している記事を書いております。 ええ、わかっています…


2022/05/17
・今でも何故か泣けてくるBoogie-Woogie Lonesome High-Heel

1989年は平成になった最初の年になります。 昭和が終わったことでの寂しさとともに、新しい年代への期…


最近の記事続き