歌謡曲が好き!

野猿がいた時代

2021/05/18
ふと、最近頭の中を流れだして、止まらない曲があった。

今聞いても、この雰囲気を感じられる曲は多くないと思うんだよね。

First impression (feat. Ca)
野猿
2000/2/2



このFirst impressionという曲、歌っているのはとんねるずのお二人が率いていた「テレビ番組の裏方」を集めたグループである「野猿」そして、この曲でメインボーカルを務めていたのが「CA」と称していた音声担当の女性。この声はほかに類する感じを知りませんで、有名アーティストにも称賛されたのですが、本人は芸能界での活動を拒否、この曲は紅白歌合戦にも内定していましたが、それも固辞しています。

この曲、なんでしょうね、Aメロ、サビ、サビって感じの盛り上がりが2つくるような不思議な曲で、聴いてて気持ちよくなりますし、クルマで走っていても、ふと流れてくるといいなぁと思ってしまう曲です。作詞は秋元康氏、作編曲は後藤次利氏といえば当時のゴールデンコンビです。

カップリングの「泳げない魚」「TODAY」も不思議な魅力のある曲で、このシングルは今でもプレイリストの手の届くところに入れてあります。

泳げない魚(feat.CA)
野猿 feat.CA
2000/2/2


TODAY(feat.CA)
野猿 feat.CA
2000/2/2


野猿がデビューしたころ

フジテレビのバラエティ番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」で、そのスタッフを集めた形で作られたユニットである「野猿」職種も会社も別々な、どちらかといえば「おっさん」が集まって、格好いい曲を歌う。番組のヒットもありますが、なによりもその楽曲は時代に合っていたし、歌詞もその当時の世相を吹き飛ばそうといったものが感じられました。

1997年のオリコン年間シングルチャートです。安室奈美恵さんが220万枚以上を売り上げて1位、KinkiKidsなど男性アイドルもいるのですが、女性ボーカリストが強いのを感じることができるのではないでしょうか。
野猿がいた時代
そのなかで、男性グループというのが、ちょうどいない時期になるともいえましょう。カラオケで大ヒットした猿岩石や楽曲を歌うのがとても難しいTMrevolutionやBzは歌いにくいという層もいそうです。

1998年4月29日に「Get down」でデビューした野猿。そのデビュー曲はアイドルグループを意識したものでした。メンバーの「持ち場」を意識したPVと、正直つたない踊りで、色物ではありましたが、曲は非常に哀愁があって、よく練られたとも思われます。

Get down
野猿
1998/4/29



そしてセカンドシングルが9月17日に発売の「叫び」この曲で野猿はブレイクすることになります。覚えやすい曲にサラリーマンに共感を受けるような歌詞が「おっさん」にも受けたことは大きいと思います。個人的にもこの曲はよく仲間とカラオケに行くときの定番曲でありました。オリコン最高位は2位で

叫び
野猿
1998/9/17



そして、この成功で、彼らは立て続けにシングルを出すことになります。「本業」としてのテレビの裏方と、歌とダンスを両立させる様は逐次番組でも紹介されます。それがさらに共感を呼ぶのですね。そこにはサラリーマンが突然スターダムに上がるという困惑だったり、喜びだったりを本人たちの言動から感じられて、人間味としても魅力に感じるのですね。

3枚目のシングルは冬のイメージの「SNOW BLIND」

SNOW BLIND
野猿
1998/12/16



1999年になって4枚目のシングルはこちらもオリコン3位を獲得した「Be cool!」この曲も風刺にあふれ、秋元康氏の真骨頂というか、おっさんに書く詩は本当にいいんだよな。

Be cool!
野猿
1999/2/24



5枚目のシングル「Selfish」

Selfish
野猿
1999/8/4



6枚目のシングル「夜空を待ちながら」

夜空を待ちながら
野猿
1999/11/10



そして冒頭の「First impression」に繋がります。2000年です。新しい時代になる、その瞬間、同じグループが「変える」ことを選択したことになります。バブル崩壊後の「失われた10年」といわれた1990年代、そのもやもやした雰囲気を反骨精神を含めた歌詞で、普通のサラリーマンが歌い踊る、そして、その素人が紅白に出たり、キャーキャー言われる。こんな「面白いこと」ができるのが、長くお笑い界に君臨する「とんねるず」テレビから離れた今も何か面白いことを虎視眈々やっているように見えます。

野猿は2001年に「撤収」その最後のシングル曲が「Fish Fight!」作詞も作曲も後藤次利氏で、氏の仮歌詞がそのまま歌われたとされています。しかし、この歌詞がなかなか意味深で、個人的には最も野猿らしい曲だったのかもしれないと思わないでもありません。

Fish Fight!
野猿
2001/2/28



格好良い曲を歌い続けた「野猿」が、泥くさく、生臭く、そして撤収後にそれぞれの職場で活躍を続けていたことは、短い活動期間の中で、サラリーマンも夢を見て、そして、振り返れば輝いていたと思える「経験」なのかもしれません。

今、日の当たらない人を「引き上げる」「夢を持たせる」そんなことが、なかなか発生しない世の中です。貧富は開き、より富める人と、あがいても這い上がれない人が分かれます。そんな世の中だからこそ、少し前のこんな曲で、少しだけ夢を見る。それも歌謡曲好きの醍醐味かもしれません。

カテゴリ: 歌謡曲が好き 野猿 90年代歌謡曲 2000年代歌謡曲



禁止事項

当サイト内容、画像等の無断転載は禁止します

記事カテゴリ

歌謡曲が好き 70年代歌謡曲 80年代歌謡曲 90年代歌謡曲 2000年代歌謡曲 歌謡曲バー ラ・ムー 歌謡曲が好き サイトアクセス傾向 Spotify PIZZICATO FIVE ザ・ベストテン 読まなくていい内容 スパイダーマン 柏原芳恵 野猿 松田聖子 フィロソフィーのダンス 小泉今日子 BONNIE PINK SOULd OUT 日本レコード大賞 敏いとうとハッピー&ブルー ベストテンほっかいどう おニャン子クラブ 歌謡曲バー 中森明菜 婦人倶楽部 マツコの知らない世界 松本典子 志村けん AI美空ひばり ラジオが好き 年忘れにっぽんの歌 デンセンマン 当サイトイベント 松原みき 田原俊彦 80年代歌謡曲 70年代歌謡曲 CDTV chelmico イモ欽トリオ サイト更新情報 WHY@DOLL 森下恵理 刀根麻理子 C-C-B 松山千春 青田浩子 中島みゆき 長渕剛 河合奈保子 近藤真彦 竹内まりや 吉川晃司 浅香唯 CHA-CHA 道上洋三 CoCo オレたち昔・アイドル族 菊池桃子 GWINKO チョー・ヨンピル 小林明子 JA-JA 伊藤麻衣子 ハウンド・ドッグ 伊武雅刀 工藤静香 高田みづえ 石川さゆり・琴風豪規 明石家さんま RCサクセション 伊藤美紀 うしろ髪ひかれ隊 小原靖子 石原裕次郎 NAO & NOBU 池田聡 よせなべトリオ 石田ひかり 川島みき エレファントカシマシ 新田恵利 おぼっちゃまwithたけし軍団 ZIGGY ビー・バップ・少年少女合唱団 中村繁之 江戸真樹 ゆうゆ 谷村有美 姫乃樹リカ 爆風スランプ 堀ちえみ 勇直子 芸能山城組 渡辺満里奈 小川範子 高橋良明 黒崎輝・真田広之・高木淳也 石川秀美 チェッカーズ 中山美穂 藤谷美紀 北岡夢子

最近の記事


2021/09/21
・夏も終わりだけど、ラ・ムー「THANKS GIVING」を聞いて涼しくなってみよう

この項、先月のこの時期に書こうと温めていた企画だったのですが、ちょっと個人的にバタバタしてしまって、…


2021/09/10
・金・銀・パール(銅)な曲

オリンピック・パラリンピック東京大会も終わってしまいましたね。 個人的には何か競技をテレビでやって…


2021/09/01
・2021年8月の当サイトアクセス傾向

近しい人を亡くしまして、今月は後半ほとんど活動できていないという状態です。 まぁ、当サイトに関しては…