歌謡曲が好き!

「The Stardust Memory」小泉今日子

2021/04/20
無性に聞きたくなったのがこの曲。もう春先なのにこれから冬って曲になります。
まずはデータですね。ちなみにザ・ベストテンで2位を獲得した1985年1月31日の1位はジュリアに傷心で、レコード売上は上位でしたが、有線ランキングがランク外、ラジオ2位、葉書8位と個別ランキングが振るわなかったということで、レコード主導型のヒットだったような印象です。


「The Stardust Memory」小泉今日子
発売日:1984年12月21日
オリコン最高位:1位
ザ・ベストテン最高位:2位
売上枚数:37.4万枚
レーベル:ビクター
レコード番号:SV-7460

A面:スターダスト・メモリー
作詞:高見沢俊彦,高橋研
作曲:高見沢俊彦
編曲:井上鑑
歌唱:小泉今日子

B面:涙のMyロンリーBoy
作詞:高見沢俊彦,高橋研
作曲:高見沢俊彦
編曲:井上鑑
歌唱:小泉今日子

オリコンでは発売翌年の年間チャート14位を獲得しています。また、ザ・ベストテンでも年間36位ですから、この冬本当によく聴いた楽曲でありました。

この年末年始のお正月映画「生徒諸君!」に主演し、この主題歌であったはずなのですが、個人的に映画の思い入れが全く無くて、多分今もこの映画は見たことが無いはずです。

The Stardust Memory
小泉今日子
1984/12/21


本州でも冬季の降雪量、降雨量が少ない関東圏など太平洋側ですと、冬は星空が綺麗に見えるのでしょう。北海道の、しかも日本海側に住んでいました私としますと、冬はいつもどんよりした空が広がって、星空が見える日など数えるほどしかありません。なので、春先の今の方が、この曲のイメージだったりするんですよね。まして、バイク、冬はあまり走りたくないのが当地です。本州なら(イメージは少し温暖な静岡とか)ですと、寒くても後ろの彼女の体温が伝わる、なんかいい感じじゃねぇかって(妄想です)

で、映画の内容とは多分全く関係ないのだろうけど、「別れ」をその景色だったり描写だったりでイメージさせていくのが、この曲の凄く個人的には好きな歌詞なのです。何度もバイクで2人がツーリングデートを重ねた、その幸せを回想しながら、「最後」であるこの夜を歌うのです。

もっとこの曲で好きなのは、間奏部分。ここは編曲者の領域なのかな。ギターソロが入って、そのまま「泣き顔を~」に繋がっていくところ、そして、さらに!さらにですよ奥さん!
Stardust Memory...と最後繰り返した、その直後ですよ。よく聞いてください。「ぶぉん!」とバイクのエンジン音に見立てた音、つまりバイクの彼が去って行く様を多分ここで表現しているのだと思うのです。そして、ここから前奏と同じフレーズが印象的なのです。フルコーラス聴きたくなる曲です。

ちなみにモトリークルーのKick start my heartが多分代表的なバイクの音をギターで表現という感じだと思うのですが、一緒に走っていくわけではありませんから、こちらは「置いて行かれる方」エンジンかけて、ぶぉん!なんですよ。

Kickstart My Heart
モトリー・クルー
1989/9/1


楽器でエンジン音を表現するのは、この後も歌謡曲でよく聞かれるフレーズではあります。80年代は「バイク3ない運動」全盛期。バイクは不良の乗るもの!「免許を取らせない」「買わせない」「運転させない」ってことは、逆に言えば、当時の少年達のバイクに対するあこがれがあるわけです。そんななか、可愛い小泉今日子さんが後ろに乗っている姿を想像すれば、もう、当時の青少年はひとたまりもないわけですね。

さらに、そこにエレキギターですよ。ギターもまた「不良」のもつものという定説でありました。確かに80年代後半に高校生を過ごした私でも、学校でバイク乗ってギターやってますって言ったら、ちょっとやんちゃな兄ちゃんだったのです。

この曲の時代から37年も経っています。今やバイクは「大人の趣味」そして、2019年には埼玉県で「高校生の自動二輪車等の交通安全に関する指導要項」が制定されて「3ない運動」から、必要に応じてバイク通学も許可し、安全教育を推し進める方向に変わっています。

 

埼玉県
「高校生の自動二輪車等の交通安全に関する指導要項」の制定について
https://www.pref.saitama.lg.jp/a0001/news/page/2018/0925-06.html


今や歌謡曲にバイクやクルマが出てくることは少なくなったなと思います。ヤバイTシャツ屋さんの「原付 ~法定速度の範囲で~」くらい茶化した感じじゃないと曲にならない。今やバイクは「格好いい」「憧れの」ものではなくなってしまったんでしょうか?それが、私たちの世代が嫌と言うほど味わった「3ない」に代表される自由を制限された教育の結果なのでしょうか。

原付 〜法定速度の範囲で〜
ヤバイTシャツ屋さん
2020/9/30


今でも、バイクは自由の象徴、そんなふうに思うのです。

カテゴリ: 歌謡曲が好き 80年代歌謡曲 楽曲紹介

その他の楽曲を検索する:



禁止事項

当サイト内容、画像等の無断転載は禁止します

記事カテゴリ

歌謡曲が好き 70年代歌謡曲 80年代歌謡曲 90年代歌謡曲 2000年代歌謡曲 歌謡曲バー ザ・ベストテン 松田聖子 フィロソフィーのダンス サイトアクセス傾向 小泉今日子 読まなくていい内容 読まなくていい内容 BONNIE PINK SOULd OUT 歌謡曲が好き 日本レコード大賞 敏いとうとハッピー&ブルー ベストテンほっかいどう おニャン子クラブ 歌謡曲バー Spotify 中森明菜 婦人倶楽部 マツコの知らない世界 松本典子 志村けん AI美空ひばり ラジオが好き 年忘れにっぽんの歌 デンセンマン 当サイトイベント 松原みき 田原俊彦 80年代歌謡曲 70年代歌謡曲 CDTV chelmico イモ欽トリオ サイト更新情報 WHY@DOLL 森下恵理 刀根麻理子 C-C-B 柏原芳恵 松山千春 青田浩子 中島みゆき 長渕剛 河合奈保子 近藤真彦 竹内まりや 吉川晃司 浅香唯 CHA-CHA 道上洋三 CoCo オレたち昔・アイドル族 菊池桃子 GWINKO チョー・ヨンピル 小林明子 JA-JA 伊藤麻衣子 ハウンド・ドッグ 伊武雅刀 工藤静香 高田みづえ 石川さゆり・琴風豪規 明石家さんま RCサクセション 伊藤美紀 うしろ髪ひかれ隊 小原靖子 石原裕次郎 NAO & NOBU 池田聡 よせなべトリオ 石田ひかり 川島みき エレファントカシマシ 新田恵利 おぼっちゃまwithたけし軍団 ZIGGY ビー・バップ・少年少女合唱団 中村繁之 江戸真樹 ゆうゆ 谷村有美 姫乃樹リカ 爆風スランプ 堀ちえみ 勇直子 芸能山城組 渡辺満里奈 小川範子 高橋良明 黒崎輝・真田広之・高木淳也 石川秀美 チェッカーズ 中山美穂 藤谷美紀 北岡夢子 河合その子 風間杜夫 松任谷由実

最近の記事


2021/05/13
・ザ・ベストテンで1週に複数の曲がランクインしたアーティスト

CS放送などで視聴が可能な「TBSチャンネル」では過去に生放送された音楽ランキング番組「ザ・ベストテ…


2021/05/07
・松田聖子さんのアルバム「SQUALL」を改めて聞いてみる

たまにはちゃんと歌謡曲の話書きなさいよ!とうちの奥さんにも言われたお出かけできないゴールデンウイーク…


2021/05/06
・今年こそお勧めのフィロソフィーのダンスを再度ご紹介+ちょっと印税の話

わかっているんです。当サイトは「歌謡曲が好き」ですから1970年代から1990年代くらいの昔の曲を探…