歌謡曲が好き!

お酒と歌謡曲

2020/07/17
子供の頃、いろんな歌謡曲の歌詞で「物の名前」を知ったっていうのはあります。特に大人の世界の言葉をですね。

例えば「居酒屋」って言葉。お酒を飲む歳になった今ならどういう店か想像できます。でも、その当時なら、居酒屋は場所であることはわかるし、お酒を飲む場所だというのはなんとなくわかるのですが、それがどんな店なのか皆目見当がつかないわけです。

「居酒屋」 木の実ナナ&五木ひろし
発売日:1982年10月25日
オリコン最高位:29位
ザ・ベストテン最高位:-位
売上枚数:19.7万枚
レーベル:徳間音工
レコード番号:BMA-2029

居酒屋
五木ひろし & 木の実ナナ
2010/12/22


そして、この歌の歌詞に出てくる「ダブルのバーボン」なんて、全く想像もできなかったのです。親に聞いたってそりゃダブルのバーボン飲んでるような親じゃないから、いまいち要領を得ない。

ふと思い出したのは、この「ダブル」でお酒を飲むことって、今いい大人になった私でも、一度たりともないなぁということでございます。

ついでに、この歌にあるような、居酒屋で隣に座っただけだものってのも、ん?居酒屋にそんな男女が巡り合うシチュエーション?ってのは思うわけです。もちろん「古風な」居酒屋ってのは、きっと、このような横に座った方との楽しいひと時というのはあったのかもしれませんが、今の大衆居酒屋的なのを想像すると、んー違うよなぁって感じ。演歌だから和風だけど、ちょっと洋風なバーとかスナックとかそういう感じの店だよね?

でも、飲んでるのがバーボン。アメリカウイスキーですね。そうか、ジム・ビームでもバーボンだから、でも、この二人が飲むならなんでしょうね?ワイルドターキーあたりでしょうか。(ワタシ全くお酒詳しくないんで)しかもダブルですよ、奥さん!ダブル!(笑)

シングルに対してダブル。えらく濃いわけです。最近はシングル、ダブルってなかなか一定した容量じゃないそうなので(以前日本のバーとかはだいたいシングル30ml、ダブル60mlだったそうですが、最近はシングルが45mlくらいの店も多いそうで、それは店によって違ったりしますよね)ちょっと間違っちゃうとべろべろになりそうですね。

さて、この歌の男は2番の歌詞で「あなたさっさと帰ってよ」と振られちゃうわけですが、なにか女性に言ってはいけない一言を言ったのでしょうか。

さて、お酒を飲む歌は数あれど、思い出すのが「シャイニン・オン君が哀しい」ルック。歌詞の中に「オン・ザ・ロック一息に飲んで」というのがあります。

「シャイニン・オン君が哀しい」ルック
発売日:1985年4月21日
オリコン最高位:8位
ザ・ベストテン最高位:8位
売上枚数:20.2万枚
レーベル:CBSソニー
レコード番号:07-5H-242

シャイニン・オン 君が哀しい
ルック
2013/4/10



振られちゃった、やけ酒的に飲むのは、ウイスキーの(多分)ロックに限りましょう。ウイスキーをロックで飲むのはいまでもそうはやらないですが、さすがに酔い回りが早そうです。一般的にウイスキーのアルコールは40%程度ですから、ロックの氷が解けるとはいえ、なかなかそのまま煽るのは避けたいところ。でも、それはよほど好きだったであろう彼女を忘れるためには必要な儀式だったか?
子供心に歌詞の意味を考えながら氷入れた麦茶を飲んでみても、やっぱり理解できないものでございました。


子供の頃に、親が歌っていて覚えたのが内海美幸さんの「酔っぱらっちゃった」

「酔っぱらっちゃった」 内海美幸
発売日:1982年10月21日
オリコン最高位:-位
ザ・ベストテン最高位:-位
売上枚数:-万枚
レーベル:EPIC・ソニー
レコード番号:07.5H-138


30万枚のヒットと言われますが、オリコンには記載がなくて、でも歌番組とかではそれなりに聞いてたんでしょうね。
お酒を「色付き水」と称するのは、強がりでもあるわけですが、こちらは振られちゃった女性。それほど彼女にとって素晴らしい男であっても、それが成就するかはわかりませんし、その男を少し困らせて(妬かせたい)と思うからこその「酔っ払ったふり」で「ゆきずりに口説かれたい」わけですよねぇ。でも、振り向かれないことを知ってるわけです。


たった3曲だけ出してみました。大人になって、お酒が飲める歳になった自分ですが、酒にまつわる浮いた話はまるでないし、もともとほとんどお酒を飲まないので、ここ数年が異常だった感もあります。ただ、楽しくお酒が飲めて、ひたすら飲むと楽しくなる(全く酒は強くないが)のは、幸せなことかなとも思ったりします。

お酒を飲むと、その人の本性が出てきます。酒さえ飲まなければいい人なんだけど・・・ってのは、酒で理性が外れる=本性がそのまま出てきてるわけですね。私も、どこかダメな自分になってるんだろうなぁと思っていますが、一緒に飲まれた方、ご迷惑かけてませんでしたでしょうか?

ステイホームで酒量が増えた方もおられるようですが、少し薄めのお酒をちびちび長く、楽しく飲むのもいいものです。たまには外で飲むのも気分転換。でもマスクと手洗い忘れずに♪

カテゴリ: 歌謡曲が好き 80年代歌謡曲



禁止事項

当サイト内容、画像等の無断転載は禁止します

記事カテゴリ

歌謡曲が好き 70年代歌謡曲 80年代歌謡曲 90年代歌謡曲 2000年代歌謡曲 歌謡曲バー 今井美樹 ザ・ベストテン サイトアクセス傾向 倉沢淳美 歌謡曲バー 中森明菜 シブがき隊 中村雅俊 歌謡曲が好き 80年代歌謡曲 教育テレビ 紅白歌合戦 ガールポップ クリスマス フィロソフィーのダンス ゆうゆ 田原俊彦 松本伊代 ラジオが好き タワーレコードミュージック ラ・ムー Spotify PIZZICATO FIVE 読まなくていい内容 スパイダーマン 柏原芳恵 野猿 松田聖子 小泉今日子 BONNIE PINK SOULd OUT 日本レコード大賞 敏いとうとハッピー&ブルー ベストテンほっかいどう おニャン子クラブ 婦人倶楽部 マツコの知らない世界 松本典子 志村けん AI美空ひばり 年忘れにっぽんの歌 デンセンマン 当サイトイベント 松原みき 70年代歌謡曲 CDTV chelmico イモ欽トリオ サイト更新情報 WHY@DOLL 森下恵理 刀根麻理子 C-C-B 松山千春 青田浩子 中島みゆき 長渕剛 河合奈保子 近藤真彦 竹内まりや 吉川晃司 浅香唯 CHA-CHA 道上洋三 CoCo オレたち昔・アイドル族 菊池桃子 GWINKO チョー・ヨンピル 小林明子 JA-JA 伊藤麻衣子 ハウンド・ドッグ 伊武雅刀 工藤静香 高田みづえ 石川さゆり・琴風豪規 明石家さんま RCサクセション 伊藤美紀 うしろ髪ひかれ隊 小原靖子 石原裕次郎 NAO & NOBU 池田聡 よせなべトリオ 石田ひかり 川島みき エレファントカシマシ 新田恵利 おぼっちゃまwithたけし軍団 ZIGGY ビー・バップ・少年少女合唱団 中村繁之 江戸真樹 谷村有美 姫乃樹リカ 爆風スランプ 堀ちえみ 勇直子

最近の記事


2022/05/17
・今でも何故か泣けてくるBoogie-Woogie Lonesome High-Heel

1989年は平成になった最初の年になります。 昭和が終わったことでの寂しさとともに、新しい年代への期…


2022/05/10
・やっと実装できた「ザ・ベストテン」全放送回Spotifyプレイリスト

随分前から当サイトの「ザ・ベストテン」のコンテンツ内で、ランクイン楽曲をSpotifyのプレイリスト…


2022/05/01
・2022年4月の当サイトアクセス傾向

緊急事態宣言のないゴールデンウイークは久々ですね。北海道も多くの観光客が訪れているようで、事故の無い…


最近の記事続き