歌謡曲が好き!

息子を「ニートな午後3時」にしないために

2019/10/29
最近あまり聞かなくなった言葉に「ニート」があります。
ニートは綴りがNEET。not in education, employment or trainingの略。「就学・就労・職業訓練のいずれも行っていないことを意味する用語である。日本では、15〜34歳までの非労働力人口のうち通学・家事を行っていない者を指しており、「若年無業者」と呼称している」とWikipediaに書いてあった。

子をもつ親である当サイト管理者ではありますが、やはり子供の成長は気になるわけです。学校はうまくやっているか?部活は楽しいか?そして進路は?と思うわけですね。そして最もなって欲しくないのは「ニート」なわけです。一般的なサラリーマン家庭の我が家ではニートな子供を養う蓄えはないのです。

さて、1981年2月5日に発売された松原みきさんのシングル曲に「ニートな午後3時」という曲があります。この曲は資生堂のキャンペーンソングであります。なかなか売れなかった松原みきさんが頑張って頑張って掴んだチャンスでございます。さて、ではニートとは「若年無業者」の意味かと言いますと綴りが違う。そりゃ化粧品のコマーシャルにニートなお兄ちゃん出したって宣伝になりませんしね。
綴りは「NEAT」Googleさんの翻訳では「きちんとした」と出てきます。「〔室内・場所などが〕整頓された 〔形などが〕整った 〔服装などが〕こざっぱりした、こぎれい」なんてのがありますね。うん全く反対の意味。

1981年の資生堂は「ニートカラー」というキャンペーンを行いました。まぁ、当然ニートカラーってなんやねん状態なんですが、当時は「きちんとした」色だったんでしょうかね。

では、「きちんとした」午後3時という「ニートな午後3時」
サビは
「I’m gonna feel Neat, Neat Everyday」
「恋の数ほど女は」
「Neat, Neat Everyday」
「自由になれるわ」
「未来を愛して愛して」
「She’s just Neat!」
「She’s just Neat!」
って感じ。

ニート!ニート!エブリデー!自由になれるわ♪


うーん。やっぱりこの曲、ニートのための曲では?
しかも未来を愛してニートですからねぇ。未来永劫自由にニート(笑)ってことで。しかもShe’s just Neat!は綴りを間違えれば「まさに彼女はニートしている」って意味ですからね(笑)

歌詞を読む限りは、若干不倫っぽい。うん。女性は強く生きていくのだという意識が見えるわけです。1980年代の20代女性は変わりゆく「職場環境」に晒されていくことになります。この後1986年には男女雇用機会均等法が制定。性差による業務内容の差異や深夜労働なども含めて大きく変わっていくわけです。1981年はまだ過去の慣例に引っ張られる、女性の仕事はまだ「総務でお茶汲み」みたいなところがまだあって、それでも私は付属品じゃない、もっと責任ある仕事をするんだ、自立していくんだという機運が高まってきている時期です。
男女の恋もただ頷くだけではなく主張し、自分から別れを切り出す強い女をイメージしていくわけです。

そしてこの曲です。作詞は三浦徳子さん。作曲は小田裕一郎さん。とても強い曲だなと思ったんですね。ブラスの入ったこの時代にしてはとても新しく格好良い出来と思います。編曲は大村雅朗さんです。不倫関係を自ら清算して、前を向いて行こう。新しい化粧品で「きちんとした」色で。

ただ、かわいそうなのはこの「ニート」という言葉が時を経て正反対の意味になってしまったということなのですね。

当時今の「ニート」に類する言葉はどんな言葉だったんでしょう。
もう少し前は「フーテン」という言葉がありましたね。「~人呼んでフーテンの寅と発します」は「男はつらいよ」のセリフでありますが、この元の言葉は「瘋癲」で精神疾患の意味なので今はちょっと使いにくい言葉です。フーテンは和製ヒッピーの意味もありますが、どちらかというと本家ヒッピーのような主張を行うような意味ではなく単純に無職でだらだらしている人のような意味で使っていたように思います。
その後「プータロー」という言い方も耳にしました。最近は聞かないですかね。純粋な「無職者」をいうことが多かったと思いますし、若者に限らない言葉でもあります。語源はよくわかっていませんが「フラフラした」「風来坊」あたりから作られた造語と言われています。

ともかく今聴くととても新鮮で格好いい「ニートな午後3時」是非聴いてみてくださいね。

ニートな午後3時
松原みき
2008/7/16

カテゴリ: 松原みき 歌謡曲が好き 80年代歌謡曲



禁止事項

当サイト内容、画像等の無断転載は禁止します

記事カテゴリ

歌謡曲が好き 70年代歌謡曲 80年代歌謡曲 90年代歌謡曲 2000年代歌謡曲 歌謡曲バー 読まなくていい内容 サイトアクセス傾向 読まなくていい内容 BONNIE PINK SOULd OUT ザ・ベストテン 歌謡曲が好き 日本レコード大賞 敏いとうとハッピー&ブルー ベストテンほっかいどう おニャン子クラブ 歌謡曲バー Spotify 中森明菜 婦人倶楽部 フィロソフィーのダンス マツコの知らない世界 松本典子 志村けん AI美空ひばり ラジオが好き 年忘れにっぽんの歌 デンセンマン 当サイトイベント 松原みき 田原俊彦 80年代歌謡曲 70年代歌謡曲 CDTV chelmico イモ欽トリオ サイト更新情報 WHY@DOLL 森下恵理 刀根麻理子 C-C-B 柏原芳恵 松山千春 青田浩子 中島みゆき 長渕剛 河合奈保子 近藤真彦 竹内まりや 吉川晃司 浅香唯 CHA-CHA 道上洋三 CoCo オレたち昔・アイドル族 菊池桃子 GWINKO チョー・ヨンピル 小林明子 JA-JA 伊藤麻衣子 ハウンド・ドッグ 伊武雅刀 工藤静香 高田みづえ 石川さゆり・琴風豪規 明石家さんま RCサクセション 伊藤美紀 うしろ髪ひかれ隊 小原靖子 石原裕次郎 NAO & NOBU 池田聡 よせなべトリオ 石田ひかり 川島みき エレファントカシマシ 松田聖子 新田恵利 おぼっちゃまwithたけし軍団 ZIGGY ビー・バップ・少年少女合唱団 中村繁之 江戸真樹 ゆうゆ 谷村有美 姫乃樹リカ 爆風スランプ 堀ちえみ 勇直子 芸能山城組 渡辺満里奈 小川範子 高橋良明 黒崎輝・真田広之・高木淳也 石川秀美 チェッカーズ 中山美穂 藤谷美紀 北岡夢子 河合その子 風間杜夫 松任谷由実 来生たかお

最近の記事


2021/04/08
・地方IT屋が思う「コンピューターおばあちゃん」

「コンピューターおばあちゃん」は1981年にNHKの作曲投稿番組『あなたのメロディー』に投稿された楽…


2021/04/02
・2021年3月の当サイトアクセス傾向

年度末進行の上に、職場でのコロナ騒ぎ(結果的に全員陰性でありました)もありまして、バタバタした3月で…


2021/03/10
・民間PCR検査(語弊はあるが)を受けてきた話

職場で近しい方に感染疑いの方がおられ、急遽会社では職場経費で半強制的に従業員に民間PCR検査場にて検…