歌謡曲が好き!

8月15日とザ・ベストテン

2019/08/15
1978年から1989年まで続いた伝説の歌番組ザ・ベストテン。その中で終戦の日である8月15日に放送されたのは1985年の1回だけになります。

 

歌謡曲が好き TBSテレビ ザ・ベストテン
1985(昭和60)年8月15日
https://music.north-tt.com/01_bestten.php?rb=0&re_rk=bt&re_ymd=19850815


1985年のザ・ベストテンは4月で久米宏氏が司会を降板、その後は日替わり代打司会で乗り切っていました。そしてこの日の司会は小沢昭一氏。TBSラジオで長年「小沢昭一的こころ」を担当されていたことでも知られる方です。

1985年は終戦から40年という節目の年。当然にまだまだ戦争を経験されている方も現役であります。この日のテレビ番組表ではその一端が伺えます。今のテレビ欄に比較すると戦争経験者がテレビ局の現役局員としてまだ多数おられ、証言もまだ得やすい環境であることが伺えます。
8月15日とザ・ベストテン

さて、ザ・ベストテンは中盤、スポットライトで小沢昭一氏が「ハーモニカブルース」を披露します。

「ハーモニカが欲しかったんだよ。ハーモニカなんて売ってなかった。戦争に負けたんだ。かぼちゃばっかり食っていたんだ」

今、私たちはハーモニカを自由に入手できて、自由に吹くことができる。この曲はいろいろな解釈ができましょうが、子供心に刺さるものがありました。


この年、番組のわずか3日前の8月12日、羽田を飛び立った大阪行きJAL123便の事故。搭乗者名簿に坂本九氏の名前がありました。長くテレビに従事され、坂本九氏とも親交の深かった黒柳さんの悲痛な表情が今も思い出されます。全体的に明るさを落としたような、いつものベストテンとはちょっと違う感じ。そして、このハーモニカブルースで、出演者はみな涙を隠すことはできなかったのです。黒柳さんはまだ安否のわからなかった坂本九氏にふれておられました。そして、何人かの生存者がいたことはわかっていたものの、その中に坂本九氏がいないことを確信しておられたとも思うのです。

キラキラした歌番組の世界。そこに時事を織り交ぜた生放送ならではの緊張感。それがザ・ベストテンでした。単なるヒット曲披露の番組ではなく、その日、そのときを感じる情報番組の側面がありました。その融合がこの番組を不動なものにしていったともいえるかもしれません。しかし、久米さんの降板以降徐々に番組終演の足音が聞こえてきだすのも感じました。代打司会シリーズもここまで続くのは予想していませんでした。

カテゴリ: ザ・ベストテン 小沢昭一



禁止事項

当サイト内容、画像等の無断転載は禁止します

記事カテゴリ

歌謡曲が好き 70年代歌謡曲 80年代歌謡曲 90年代歌謡曲 2000年代歌謡曲 歌謡曲バー 小泉今日子 フィロソフィーのダンス 今井美樹 ザ・ベストテン サイトアクセス傾向 倉沢淳美 歌謡曲バー 中森明菜 シブがき隊 中村雅俊 歌謡曲が好き 80年代歌謡曲 教育テレビ 紅白歌合戦 ガールポップ クリスマス ゆうゆ 田原俊彦 松本伊代 ラジオが好き タワーレコードミュージック ラ・ムー Spotify PIZZICATO FIVE 読まなくていい内容 スパイダーマン 柏原芳恵 野猿 松田聖子 BONNIE PINK SOULd OUT 日本レコード大賞 敏いとうとハッピー&ブルー ベストテンほっかいどう おニャン子クラブ 婦人倶楽部 マツコの知らない世界 松本典子 志村けん AI美空ひばり 年忘れにっぽんの歌 デンセンマン 当サイトイベント 松原みき 70年代歌謡曲 CDTV chelmico イモ欽トリオ サイト更新情報 WHY@DOLL 森下恵理 刀根麻理子 C-C-B 松山千春 青田浩子 中島みゆき 長渕剛 河合奈保子 近藤真彦 竹内まりや 吉川晃司 浅香唯 CHA-CHA 道上洋三 CoCo オレたち昔・アイドル族 菊池桃子 GWINKO チョー・ヨンピル 小林明子 JA-JA 伊藤麻衣子 ハウンド・ドッグ 伊武雅刀 工藤静香 高田みづえ 石川さゆり・琴風豪規 明石家さんま RCサクセション 伊藤美紀 うしろ髪ひかれ隊 小原靖子 石原裕次郎 NAO & NOBU 池田聡 よせなべトリオ 石田ひかり 川島みき エレファントカシマシ 新田恵利 おぼっちゃまwithたけし軍団 ZIGGY ビー・バップ・少年少女合唱団 中村繁之 江戸真樹 谷村有美 姫乃樹リカ 爆風スランプ 堀ちえみ 勇直子

最近の記事


2022/05/25
・友達が待っていてもFade Out

彼氏彼女の関係になるならないの時期に、グループ的に遊んでたりすると、そこから抜け出しちゃうのがスリル…


2022/05/22
・フィロソフィーのダンス札幌公演に感動して、ロスに悩む

当サイトでは、何度かフィロソフィーのダンスを応援している記事を書いております。 ええ、わかっています…


2022/05/17
・今でも何故か泣けてくるBoogie-Woogie Lonesome High-Heel

1989年は平成になった最初の年になります。 昭和が終わったことでの寂しさとともに、新しい年代への期…


最近の記事続き