歌謡曲が好き!

2022年最近聴いている楽曲を少し紹介

2022/07/02
当サイト管理者が「最近の曲」どんなの聞いてるの?と言われますと結構困ります。当サイトでは以前にも聴いている曲、お勧めしているアーティストをご紹介していますが、もう2年も前のことなんですね。

 

昔のアイドルは素晴らしく、今のアイドルはダメ?それは本当なのか?
https://music.north-tt.com/01_article.php?article=1250

 

最近聴いている楽曲を少し紹介
https://music.north-tt.com/01_article.php?article=1251

ここ2年で大きく変わったことは、それまでは自身のPC内に8万曲ほどあるiTunesのライブラリにCDを取り込んだり、楽曲を購入したりということで聞いていたのですが、これをSpotifyに移行したことです。2018年から車の中での楽曲再生に使い始めたSpotify、2020年からは家族が個別にIDを持つことができるPremium Familyに移行しています。IDが6つ使えるので、家族が1つIDを持つ以外に、私自身が2つのIDで、プレイリストの作成と、実際に聞くIDを分けています。楽曲の整理が面倒という面もありますし、Spotifyでは聞けない楽曲がまだありますので、維持はしていますが、iTunes(ミュージックアプリ)を起動することは少なくなりました。

このSpotifyには、気に入ったアーティストに類似するアーティストを紹介する「ファンの間で人気」(多分以前は関連するアーティストとかいう項目だったと思う)の機能がありますので、雰囲気が似ていたりするアーティストが簡単に検索できます。
また、自分で気に入った曲を入れたプレイリストを作りますと「おすすめ」としてプレイリストに追加している曲とテイストの似た曲を勧めてきます。
もっと驚く機能が「Redio」です。アーティストさんのページにはそのアーティスト名の「Radio」があります。ここにはそのアーティストだけでなく、テイストの似たアーティストが並びます。ここを聞いていればほぼ確実に自分の知らなかった新しい楽曲と巡り会うことができるでしょう。これぞそのアーティスト好みの方のためだけの「ラジオ番組」ってことですね。
例えばワタシが毎度お勧めしているフィロソフィーのダンスの「Radio」ならアイドル系だけでなく楽曲的に似ているテイストの曲も並びます。ここから新しいアーティストを見つけて、さらにRadioを聞いていけば無限に広がっていくはずです。

2021年の記事ですが、彼らの言うことが納得できます。もちろん他の配信事業者にも素晴らしい機能があると思いますが、個人的にはSpotifyの機能で気に入っているのがこのあたりです。

 

Spotifyは日本に何をもたらした? TaiTan×玉置周啓×柴那典が語る5年間の地殻変動
https://rollingstonejapan.com/articles/detail/36806

これによって、今まで多分接する機会のなかったアーティストを「見つける」ことができるようになっています。


ぷにぷに電機

前回も最初は「婦人倶楽部」ってぱっと聞いたら色物?ってアーティストを紹介しましたが、今回はさらに色物臭のあるアーティスト名さんです。
しかし、こちらは多分「Radio」で楽曲から入った。車で聞いてて流れてきて、あーいい感じだなぁ、なんてアーティスト?って見てみたら「ぷにぷに電機」ってなんやねん?
Wikipediaもありませんし、どうやら女性お一人のユニット名であるようですが、詳しいことは何もわかりません。ただ、楽曲、声質の魅力があり、NHKに出演した時は「実在したんだ?」とすら思った方であります。楽曲の振り幅が大きいのですが、それもまた才能なのでしょうね。声にやられてしまった感があります。

君はQueen
ぷにぷに電機, Mikeneko Homeless & Shin Sakiura
2019/6/5


2022年最近聴いている楽曲を少し紹介
2022年6月に「フィジカル限定」のアルバム「創業」を発売し、7月22日にはタワーレコード札幌ピヴォ店でのインストアライブ、7月23日には白老ASOBUBAで行われる「ギアコン」の音楽ステージ出演があるようです。どちらかには行ってみたいなぁ。


POP ART TOWN

こちらはWikipediaがありました。2016年から活動されている3人組バンドです。今時という感じのキャッチーさがあるのですが、その中でもどこか儚げな、聞き出したらずっと聞いてられるというか、いいなぁって感じがあります。シティポップのくくりとは違うのかもしれないけど、ただ明るいわけではなく、ちょっと心を動かさせられる、そんな感じがいたします。

Fancy Time
POP ART TOWN
2020/11/11



基本的に関西、関東でのライブとなると思いますが、ライブ映像も非常によかったので、売れて欲しいなぁというか、こういうバンドが売れなかったら音楽始める子いなくなっちゃうよ。


フレンズ

既に何度かライブにお邪魔しているフレンズさん。2015年に結成しています。ボーカルのおかもとえみさんは個人名や他のバンドでも活動されていますし、その特徴的な声はどこか聞き覚えがある感じですね。前回紹介していなかったんだと。

東京今夜
フレンズ
2021/7/28



7月21日に札幌公演がありますので、管理者お邪魔する予定です。楽しみ!


マハラージャン

恐ろしく中毒性が高い楽曲というか、どこまで本気なのかよくわからない。でも車で聞いていると気持ちよくなるので好きです。メジャーデビューしていますしテレビでの紹介もあるので、知る人ぞ知るでもないのかな?

セーラ☆ムン太郎
マハラージャン
2021/3/24





Natsu Summer

以前も書いたような気がしていたんですが、検索しても出てこないので書いていないんですね。冗談みたいな名前のナツ・サマーさん。愛媛出身のレゲエシンガーです。クニモンド瀧口氏のプロデュースですのでシティポップ系な感じもいたしまして、名前の通り夏に聞きたくなる方でございます。

恋のタイミング
Natsu Summer
2017/7/5





パソコン音楽クラブ

最後にご紹介するのが、これまた名前が???という感じのパソコン音楽クラブさん。まず、なにがってホームページですよ

 

パソコン音楽クラブのHPへようこそ!
http://pasoconongaku.jp/Index.html

WEB黎明期のようなサイトにわざとあの時代の画像の読み込みの遅さまで再現するという、彼らただ者ではないというのがわかります。2015年に活動開始しています。ゲストボーカルによって当然に雰囲気が違うというのはありますが、なんか格好いいのよね。

reiji no machi (feat. イノウエワラビ)
パソコン音楽クラブ
2019/9/4


パソコン音楽という、その意識をさせながら、新しいというか電子的だけでは無い感じを作れるって凄いなと思うのです。

それにしても、配信というのが、本当に新しい音楽体験、素晴らしいアーティストさんを次々紹介いただいて、今は車での移動が楽しみになってきています。

カテゴリ: 歌謡曲が好き 2000年代歌謡曲 ぷにぷに電機 POP ART TOWN フレンズ マハラージャン Natsu Summer パソコン音楽クラブ



禁止事項

当サイト内容、画像等の無断転載は禁止します

記事カテゴリ

歌謡曲が好き 70年代歌謡曲 80年代歌謡曲 90年代歌謡曲 2000年代歌謡曲 歌謡曲バー ぷにぷに電機 サイトアクセス傾向 歌謡曲バー 浅香唯 鈴木ヒロミツ 鈴木雅之 小泉今日子 フィロソフィーのダンス 今井美樹 ザ・ベストテン 倉沢淳美 中森明菜 シブがき隊 中村雅俊 歌謡曲が好き 80年代歌謡曲 教育テレビ 紅白歌合戦 ガールポップ クリスマス ゆうゆ 田原俊彦 松本伊代 ラジオが好き タワーレコードミュージック ラ・ムー Spotify PIZZICATO FIVE 読まなくていい内容 スパイダーマン 柏原芳恵 野猿 松田聖子 BONNIE PINK SOULd OUT 日本レコード大賞 敏いとうとハッピー&ブルー ベストテンほっかいどう おニャン子クラブ 婦人倶楽部 マツコの知らない世界 松本典子 志村けん AI美空ひばり 年忘れにっぽんの歌 デンセンマン 当サイトイベント 松原みき 70年代歌謡曲 CDTV chelmico イモ欽トリオ サイト更新情報 WHY@DOLL 森下恵理 刀根麻理子 C-C-B 松山千春 青田浩子 中島みゆき 長渕剛 河合奈保子 近藤真彦 竹内まりや 吉川晃司 CHA-CHA 道上洋三 CoCo オレたち昔・アイドル族 菊池桃子 GWINKO チョー・ヨンピル 小林明子 JA-JA 伊藤麻衣子 ハウンド・ドッグ 伊武雅刀 工藤静香 高田みづえ 石川さゆり・琴風豪規 明石家さんま RCサクセション 伊藤美紀 うしろ髪ひかれ隊 小原靖子 石原裕次郎 NAO & NOBU 池田聡 よせなべトリオ 石田ひかり 川島みき エレファントカシマシ 新田恵利 おぼっちゃまwithたけし軍団 ZIGGY ビー・バップ・少年少女合唱団 中村繁之 江戸真樹 谷村有美 姫乃樹リカ

最近の記事


2022/07/02
・2022年最近聴いている楽曲を少し紹介

当サイト管理者が「最近の曲」どんなの聞いてるの?と言われますと結構困ります。当サイトでは以前にも聴い…


2022/07/01
・2022年6月の当サイトアクセス傾向

当地も観光客をよく見かけるようになって、徐々にコロナ渦が終わっているような幻想を抱く感じもいたします…


2022/06/30
・大人の「修学旅行」をしてきました

当サイト管理者が勝手にホームグラウンド的にお邪魔しておりましたすすきのの歌謡曲バー「ザ☆ベストテン」…


最近の記事続き